キューバ🇨🇺

【キューバの二重通貨】CUCからCUPに両替して超ローカルな店に行ってみた

【キューバの二重通貨】CUCからCUPに両替してローカルな店に行ってみた

この記事では、2018年10月のキューバ旅で印象的だった、キューバの二重通貨制度について、記録を残しておきたいと思います。(2021年現在、二重通貨制度は廃止されています。)

また、キューバの両替事情についても触れたいと思います。

キューバの二重通貨制度

キューバの二重通貨制度

わたしがキューバを旅した2018年当時、キューバには2種類の通貨がありました。

  • CUC:主に観光客用
    観光客が利用するレストラン、ホテル、タクシー、ツアー代金の支払いに
  • CUP:主にキューバ人用
    地元の人が利用するレストランや市場での支払いに

レートは、1USD(米ドル)=1CUC=24CUP≒100円でした。

社会主義国であるキューバの人たちと、日本人などの観光客とでは、収入も金銭感覚も全然違います。

CUCだけで旅をしていると、キューバの物価を特別安いと感じることはありませんが、CUPも取り入れて旅をすると「キューバって安いな」と感じます。

例えばですが、CUPを使って、地元の人たちが集うお店に行くと、コーヒーは1杯たった5円、ラム酒は1杯50円でした。

ただし、同じレストランを利用し、同じメニューを注文しても、キューバ人と観光客とでは請求額が異なることがあります。また、CUCとCUPどちらも扱う店もありますが、どちらか片方しか受け取らない店もあります。

地元の人たちと同じように扱ってほしい場合(サービス、金額ともに)は、事前に確認するのが確実でした。

「CUC/CUPの違いだけで、換算してみると結局同じ金額を請求されていた」というケースもありますが、「観光客だから」という理由で高めの金額を設定されることもありました。

キューバで両替

1. 空港

キューバ到着直後、「とりあえず必要な金額を」と空港で両替をしました。キューバは、クレジットカードが使えないお店も多いので、ある程度の現金を用意しておくことは必須です。

米ドルからキューバ通貨への両替には、10%の手数料がかかるので、ユーロ紙幣を使うことにしました。

キューバで両替

まず、200ユーロを222.15CUCに両替し、そのうち20CUCを480CUPに変えました。

事前の情報で「CUPに両替しすぎても使いきれない」と聞いていたので、20CUC(約2,000円)分だけにしておきました。

2. 銀行

ハバナでもトリニダでも、銀行のATMでお金をおろすことができました。

トリニダの銀行では、270CUCおろしました。

【レシートより両替の記録】
Total to debit:USD 278.10
Exchange rate::1.030000

ちなみに、月曜日の朝に銀行を訪れたら大混雑でした。

スポンサーリンク

CUPが使える場所に行ってみた

Bar la Luna|トリニダの超ローカルなバー

CUPを手に入れてキューバを旅する目的は、ここで果たせたといっても過言ではありません。

CUPを使うことで、かなりお得にモノを購入できることはもちろん嬉しいですが…。

それよりも、キューバに実際住む人たちと交流する手段として、CUPを扱うレストランやバーに行ってみたかったのです。環境が目まぐるしく変わり続けるキューバに住む人たちが、どういう生活をしているのか、どういう思いを持っているのか、個人的に興味津々で。ラムを頂きながら、店のオーナーや常連さんと30分以上話し込みました。いい時間でした。

ちなみに、お店の名前に”Bar”と入りますが、お酒だけでなく、クッキーや葉巻も置いています。子どもたちも出入りします。

Bar la Luna

Bar la Luna

El Italiano|ハバナ旧市街にあるピザが食べられる店

El Italiano

El Italianoは、ハバナの旧市街にあります。ピザやジュースなどの軽食を販売しています。基本的にCUPで支払いをする、地元の人たちに人気のお店です。店員さんがとてもフレンドリーでした。

キューバ旅の最終日に立ち寄ったら、キューバ通貨を全部使い切れるように、CUCとCUPを混ぜて受け取ってくれました。そして、最後にどうしても余った4CUPを使い切るため、本来5CUPのジュースを4CUP分だけ注いでくれたりもしました。

【参考】作者が現地を訪れた時期

  • 2018年10月下旬
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA