キューバ🇨🇺

【超おすすめ】トリニダのカサ Hostal Romero|宿泊の感想

【超おすすめ】トリニダのカサ Hostal Romero|宿泊の感想

キューバのトリニダで宿泊したカサ(民宿)Hostal Romero が、立地、宿泊費、食事、オーナーの人柄、すべてにおいて最高だったので、なるべく詳しく紹介します。

オーナーの女性が英語を話せるのも、コミュニケーションがとりやすくて、ありがたかったです。

基本情報

場所


Google Mapsで見る

住所:159 Cjón. de las Angarillas, Trinidad 62600, Cuba

アクセス

トリニダの中心であるPlaza Mayorから徒歩7分ほどの距離で、観光に便利な立地です。ハバナへの長距離バスの乗り場へも、歩いて10分以内で行くことができました。


Google Mapsで見る

部屋

金額

1泊10CUC(1,000円)/1人(素泊まりの金額)
※宿泊人数が2人だったので、1部屋20CUC(2,000円)/1泊の支払い

これは、オフシーズン&連泊による割引後の金額です。ちなみに、ハイシーズン(11月〜4月)には、1部屋あたり30CUC(3,000円)まで値上がりすることがあるそうです。

設備

ホットシャワー(水圧弱め)あり

エアコン完備

シャンプー、バスタオル、ハンドタオルあり

トリニダのカサ Hostal Romeroの部屋

静かさ:◎

カサのまわりにはたくさんの家がありますが、夜はとても静かでぐっすり眠れました。

清潔さ:◎

ベッドルームもシャワールームも、しっかり掃除されていて気持ちがいいです。

スポンサーリンク

食事

朝食

  • 場所:部屋の前のベランダにセットしてくれる
  • 金額:ひとり3CUC(300円)
トリニダのカサ Hostal Romeroの朝食

メニュー

  • パン
  • フルーツ(バナナ、グァバ、バイナップル、オレンジ)
  • マンゴージュース
  • オムレツ
  • コーヒー
  • 紅茶

味が美味しいのはもちろん、盛り付けなどにオーナーの優しさがにじみ出ていて、とても幸せな朝ごはんでした。

夕食

  • 場所:部屋の前のベランダにセットしてくれる
  • 金額:ひとり7CUC(700円)
トリニダのカサ Hostal Romeroの夕食 トリニダのカサ Hostal Romeroの夕食 トリニダのカサ Hostal Romeroの夕食

メニュー

  • 豆スープ
  • サラダ
  • バナナフリット
  • お米
  • アボカド
  • カボチャ
  • ケーキ(ラム酒漬)

オーナーは以前シェフとして働いていたそうで(写真を見せてくれた)、味も盛り付けもレストランみたいでした。

支払い方法

現金のみ

周辺施設と距離

トリニダを観光するのに、とても便利な立地です。Plaza Mayorまでは、徒歩7分ほどの距離です。

スポンサーリンク

素敵なカサ Hostal Romero と出会えた経緯

トリニダのカサ Hostal Romeroの部屋から見える景色

トリニダでの宿は事前に決めていませんでしたが、実際に現地で見学させてもらって、金額などの交渉もして決めました。わたしがキューバを旅した10月は、カサの空室も多かったようですが、観光ハイシーズン(11月〜4月)に行くなら事前予約が安心とのことです。(カサのオーナー談)

超主観的感想

好きなポイント

  • 立地がよい
    トリニダの観光にとても便利な立地です。
  • ごはんがおいしい
    元シェフのオーナーが作ってくれる料理が、本格的でとてもおいしいです。
  • オーナーが素敵
    オーナーはとても優しい女性です。ご主人と、息子さん、娘さんと暮らしています。
    トリニダの観光情報を丁寧に教えてくれたり、観光用の自転車を手配してくれたりして、助かりました。英語が話せるのでコミュニケーションがとりやすかったです。

【参考】筆者が現地を訪れた時期

  • 滞在時期:2018年10月下旬(当記事の情報は宿泊時点のものです)
  • 滞在期間:2泊

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA