アメリカ合衆国🇺🇸

旅前に読んでほしい!広大なイエローストーン国立公園を楽しみ尽くすために

広大なイエローストーン国立公園を効率よく観光するコツ

アメリカにあるYellowstone National Park(イエローストーン国立公園)は、とにかく広い!

そして、その広い園内にたくさんの見どころが点在しています。

この記事では、イエローストーン国立公園を訪れる前に絶対知っておきたい

  • 必要な滞在日数
  • ベストシーズン
  • 観光ルートの組み方

などについて、実際に現地を訪れた経験をもとにまとめました。

イエローストーン国立公園のグランドプリズマティックスプリング

また、イエローストーン国立公園で一番有名なスポットGrand Prismatic Spring(グランド・プリズマティック・スプリング)がきれいに見える季節や時間帯についても触れています。

イエローストーン国立公園を最大限楽しむコツ

イエローストーン国立公園内は、一筆書きのように運転すると効率的

イエローストーン国立公園の人気の観光スポットは、園内を走る8の字状の道路付近にあります。あらかじめ行きたいところを選んでおいて、一筆書きの要領で、時計回りか反時計回りで訪れると効率的です。


Google Mapsで見る

上の地図で番号をふった人気観光スポットについては、すべて下の記事で紹介しています。

イエローストーン国立公園観光の見どころ
イエローストーン観光の見どころ9選|定番から穴場までアメリカの火山地帯に位置するYellowstone National Park(イエローストーン国立公園)は、大自然のさまざまな姿を楽し...

Grand Prismatic Spring(グランド・プリズマティック・スプリング)に行く時間帯は、なにを優先するかで決める

イエローストーン国立公園では、バイソンなどの野生動物により、あちこちで渋滞が発生します。彼らが道路に出てきて、お互いの安全のために起こる渋滞もあれば、写真を撮りたい人が徐行運転をしたり、路肩に車を停めたりすることによる渋滞もあります。

イエローストーン国立公園ではバイソンによる渋滞が起こることも

それに加え、正午近くになると、園内に観光バスを含めた車両が増えます。多くの車が見所の集まったグランド・プリズマティック・スプリング周辺を目指すため、このあたりでは渋滞が加速します。午後は、各スポットの駐車場が満車になることもあります。

駐車場が満車の場合は、少し離れた路肩に車を停めて、歩いて向かうことも可能ですが、滞在時間が短い人にとっては最寄りの駐車場に停められることがベストです。

イエローストーン国立公園のグランドプリズマティックスプリング

ここに悩める要素がもうひとつあります。「じゃあグランド・プリズマティック・スプリングは午前中の一択だ!」とはならない話をします。

この熱水泉の真上には、常に蒸気が発生しています。蒸気が大量にあると、せっかく展望台に上がっても、理想の景色には出会えません。

蒸気の影響を受けにくいのは、気温の高い時間帯です。早朝(季節によっては午前中)は気温が低く、「湯気しか見えない」という日もあります。

  • グランド・プリズマティック・スプリングをきれいに見ることが最優先であれば、午後
  • 渋滞を避けることが最優先であれば、午前10時以前

に訪れるとよいでしょう。

ただし、例外もあります。風のある日は、熱水泉から発生した蒸気がどんどん流れていくので、早朝でも全体像がきれいに見えることがあります。

イエローストーン国立公園のグランドプリズマティックスプリング

わたしは、9月中旬の快晴の日、正午に展望台に登って、上の写真を撮りました。

Old Faithful(オールド・フェイスフル)周辺に着いたら、まずは次回噴出の予想時刻をチェック

オールド・フェイスフルは、間欠泉の噴出を一定の間隔で見られる大人気の観光スポットです。

とはいえ、その【一定の間隔】は60〜90分とされており、待ち時間としては少し長めです。

イエローストーン国立公園のオールドフェイスフル

そこで、まずオールド・フェイスフル最寄りのビジターセンターに立ち寄ることをおすすめします。ビジターセンターの入口付近には、間欠泉の次回噴出予想時刻が掲示してあります。あくまで予想なので、実際の噴出が10分ほどずれることもありますが、目安にはなります。

イエローストーン国立公園のオールドフェイスフル近くのビジターセンター

待ち時間が長い場合は、周辺にたくさんある他の間欠泉を歩いて見にいくもよし、ビジターセンターで過ごすもよし。

イエローストーン国立公園のオールドフェイスフル

噴出の直前になると一気に人が集まってくるので、確実に近くで見たい場合は噴出予想時刻の15分前には待機しておくとよいでしょう。間欠泉のまわりには椅子も設置してあり、噴出の30分以上前から座っている人もいます。

イエローストーン国立公園の基本情報

名称

Yellowstone National Park(イエローストーン国立公園)

場所


Google Mapsで見る

アメリカ合衆国
ワイオミング州 / アイダホ州 / モンタナ州

アクセス

Jackson Hole Airport(ジャクソン・ホール空港)から:車で約1.5時間

ジャクソン・ホール空港は、イエローストーン国立公園から最も近い空港で、車の運転時間が短く済むアクセス方法です。


Google Mapsで見る

Salt Lake City International Airport(ソルトレイクシティ国際空港)から:車で約6時間

上の方法に比べ、車の運転時間は長くなりますが、日本を出発地として、より安く行けるアクセス方法です。


Google Mapsで見る

ボンネビルソルトフラッツとウユニ塩湖の違い
ソルトレイクシティから1時間半|ボンネビル塩湖でウユニ気分を味わう【死ぬまでに行きたいスポット】としてよく名前の挙がるボリビアのウユニ塩湖。 ウユニ塩湖の知名度と人気が上昇するにつれて、世...

園内のまわり方

自家用車かレンタカーでまわる人が圧倒的に多いです。園内の宿泊施設は、予約困難&値段も高めなので、車中泊できると自由度が高くなります。

あるいは、イエローストーン国立公園を訪れるツアーに参加する方法があります。

入園料

  • 車(ツアーなど商用のものを除く、7日間有効):35ドル/1台
  • オートバイ(7日間有効):30ドル
  • 個人(徒歩や自転車での入園、7日間有効):20ドル
  • アメリカ国立公園年間パス:80ドル/1台
アメリカ国立公園年間パスの購入方法・使用上のルール・注意点
アメリカ国立公園をお得にめぐる方法|年間パスの購入方法・注意点レンタカーで、アメリカ縦断やグランドサークル周遊を計画中ですか? (※グランドサークル:アリゾナ州とユタ州に広がる国立公園や国定公園が...

開園時間

夏季:ゲートは24時間開いており、夜間の出入りも可
冬季:天候(雪)によってゲートが閉まったり、交通規制がかかったりするが、完全閉園ではない

ここでいう「夏季」と「冬季」の切り替え日は年によって変わります。公式サイトを参考にしてください。

気候とベストシーズン

真夏の昼間は20〜25度くらいまで気温があがります。軽装でよいということと、グランド・プリズマティック・スプリングをきれいに見られる確率が上がるということから、ベストシーズンは6〜8月です。

とはいえ、真夏でも、最低気温は10度を下回るため、防寒着は必須です。

観光シーズンとしては5〜9月くらいです。

それ以外の時期(10〜4月)だと、気温が氷点下に達することがあり、雪も降ります。天候によってゲートが閉まったり、園内の交通規制がかかったりします。このような情報は、公式サイトで随時確認することができます。

滞在日数

最低でも2日、できれば3日ほしいところです。
2泊以上する場合は、ルートに合わせて宿泊場所を移動するのも、効率的にまわるためのよい方法です。

1日しかない場合は、エリアを絞る必要があります。グランド・プリズマティック・スプリングやオールド・フェイスフル周辺が一番人気です。

参考サイト

イエローストーン国立公園|アメリカ国立公園公式サイト

スポンサーリンク

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在期間

  • 滞在時期:2018年9月中旬
  • 滞在期間:2泊3日
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA