アメリカ合衆国🇺🇸

The Wave(ザ・ウェーブ)トレッキング|服装・持ち物・車|当選後の準備

ザウェーブ抽選翌日のトレッキングに必要な服装・持ち物・車

美しいマーブル模様が一面に広がるThe Wave(ザ・ウェーブ)

2003年に発見された比較的新しいスポットであるにも関わらず、テレビ番組や絶景本に何度もとりあげられ、すでに知名度は抜群です。

しかし、The Waveは、誰でも簡単に訪れることができるわけではありません。

繊細なマーブル模様を守るため、1日に20人しか入ることが許可されていません。

そして、あの絶景を見るためには、往復10キロの道なき道を歩く必要があります。

そんな【限定】【冒険】という、旅人心をくすぐる要素もあって、最近The Waveは【憧れの秘境の地】として位置づけられています。死ぬまでに行ってみたい場所として、The Waveの名前を挙げる人も多くいます。

ザウェーブの絶景

ちなみに、The Waveは、ユタ州とアリゾナ州にまたがるVermilion Cliffs National Monument(バーミリオンクリフ国定公園)の中の、Coyote Buttes North(コヨーテビュート・ノース)というエリアにあります。

日本語のサイトや本では、The Waveと表記してありますが、現地ではCoyote Buttes Northと書いてあることもあります。

Coyote Buttes North Lotteryと書いてあれば、The Wave許可証の抽選のことです。

The Wave 許可証を得るための抽選

The Waveへのトレイル許可証を手にいれるには、まず抽選に参加する必要があります。抽選の方法は、オンライン現地の2通りあります。

オンライン抽選(online lottery)

  • インターネット環境さえあれば、世界中どこからでも参加可能
  • 申込日:4ヶ月前
  • 当選発表日:申込手続きの翌月1日
  • 抽選参加費用:9ドル
  • 当選確率:低

現地抽選(walk-in lottery)

  • カナーブ(アメリカ, ユタ州)という街の抽選会場に行く必要あり
  • 申込日:前日(冬季週末分は、毎週金曜日にまとめて抽選)
  • 当選発表日:申込のあと、そのまま抽選会場で
  • 抽選参加費用:無料
  • 当選確率:高

The Waveの抽選に関しては、別記事に詳しくまとめました。

ザウェーブ抽選の手順・注意点・当選確率
2021年最新情報あり!The Wave(ザ・ウェーブ)抽選手順と当選確率1日にたった20人だけが訪れることのできるアメリカ屈指の絶景スポットThe Wave(ザ・ウェーブ)。 その20人が選ばれる方法は...

【準備編】The Wave に行く日の服装・持ち物・車

The Waveのあの絶景を見るためには、往復10キロを歩く必要があります。

春から秋の間に行く場合、大切なのは熱中症対策紫外線対策です。

夏場は最高気温が40度近くに達し、またトレイルにはほとんど日陰がありません。

服装

  • スニーカーかトレッキングシューズ
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け対策の羽織もの
  • 防寒着(冬は必須/夏でも、遭難対策として持っていくほうが無難)

持ち物

  • 許可証(当選後にもらう)
  • 地図(当選後にもらう)
  • 政府発行ID(パスポートでよい)
  • 水(ひとりあたり4リットル持っていくことが推奨される)
  • 携帯電話(当選後にもらう地図だけで不安な場合は、念のためGoogle Mapsのオフラインマップを使えるように設定しておくとよい)
  • 昼ごはん(夏場は暑いので、腐りやすいものは避ける)
    ※The Waveトレイルエリアは飲食可(もちろんゴミは持ち帰る)
  • お菓子、非常食
  • 日焼けどめ
  • カメラ

許可証はふたつに切り離します。【Parking Tag】と書いてあるほうが車用です。The Waveのトレイルにいる間、駐車場に停めた車のダッシュボードに、外から見えるように置いておきます。

許可証のもう片方は、The Waveに行くとき、バックパックにつけて携帯する必要があります。トレイル中にレンジャー(自然保護官)から見せるよう指示されたら、政府発行ID(パスポート)と一緒に提示する必要があります。許可証を携帯していなかったり、氏名が一致しなかったりする場合、罰金を科せられる可能性があります。

また、そもそも許可証を得ていないのに、The Waveに行く行為はもちろん禁止されています。The Waveのどの部分で捕まるか、どういう形で捕まるかによって金額は変わるそうですが、ひとりあたり5,000ドル以上(50万円以上)の罰金が科せられます。悪質な場合は、とても高額になるそうです。また、罰金だけでなく、刑務所に送られる場合もあります。

地図には、写真つきで、トレイルの詳しい情報が載っています。迷わないように、目印となる通過点が丁寧に説明されています。また、The Waveまでのいくつかの通過点の座標も載っているので、これを参考にGPSを利用することもできます。

The Waveの駐車場まで行く車は、4WDで車高があることが推奨されています。

その理由は、The Wave駐車場に着く直前に15キロほどの未舗装の道があるためです。雨が降ると、この道がぬかるんだり、川が出現したりします。

過去にこの未舗装の道で車が動かなくなったことがありますが、レスキューを呼ぶと高額請求されるので、それは避けたいところです。

と言っておきながら、わたしは2WD(SIENNA, トヨタ)で行きました。

これには理由があって、もともとSIENNAで車中泊しながらアメリカを旅していたからです。The Waveのために1日だけ4WDの車を借りることも検討しましたが、晴天が続いていたので、そのままSIENNAで行きました。実際、特に問題はありませんでした。

スポンサーリンク

【本番】The Wave に行く当日の流れ

わたしが2018年9月下旬に、実際The Waveに行ったときの様子を紹介します。

The Wave Trail
スタート地点:Wire Pass Trailhead
ゴール地点:The Wave
距離:約10km(往復)
高低差:約300m
総所要時間:5〜6時間
難易度:中
駐車場:あり(無料)

7:00 Kanab(カナーブ)を車で出発

前日は、抽選会場のあるカナーブの街にそのまま滞在し、The Waveに必要なもの(水や食料)の準備をしました。

カナーブにあるキャンプ場を午前7時頃に出発し、The Waveに向かいます。

カナーブからThe Waveの駐車場までは、The Waveの北側の道(89号線)からアクセスする人が多いです。その場合、舗装された道路を約60キロ、未舗装の道を約15キロ走ることになります。時間にして、1時間半ほどかかります。

未舗装の道は、所々デコボコしています。天候の悪い日や、その翌日などは、この部分が通りにくくなります。状況によっては、通行止めになることもあります。

8:30 The Wave 駐車場到着

ザウェーブトレッキングの出発地点となる駐車場

The Waveへの出発点となるWire Pass Trailheadには駐車場があります。この駐車場は無料です。

車のダッシュボードに【Parking Tag】と書かれたほうの許可証を置いておくのを忘れずに。

8:45 トレッキング開始

トレッキング開始前に、駐車場に設置してある用紙に、グループの代表者氏名、車種、グループの人数、許可証番号などを記入します。登山届のようなものです。

ザウェーブトレッキング開始前に記入する ザウェーブトレッキング開始前に記入する

The Wave駐車場から絶景ポイントまでは、片道4.8キロ、往復約10キロの道のりです。時間にすると、片道約2時間です。

歩く部分は遊歩道のように整備されているわけではなく、自然の中を歩きます。滑りやすい部分もあります。

ザウェーブトレイルから見える絶景

また、トレイル上に、標識などは設置されていません。基本的には、もらった地図を頼りに歩きます。

また、トレイル上にトイレはありません。

10:15 見どころに到着

ザウェーブの絶景

ここが一番有名なスポットです。The Waveがテレビや本で取り上げられるときは、たいていここから撮った写真が使われます。

ザウェーブの一番有名な絶景スポット ザウェーブの絶景

さらに奥に進んでも、まだマーブル模様の景色が広がっています。

ザウェーブの絶景 ザウェーブの絶景

ランチをとったり、写真を撮ったりして、2時間ほど満喫しました。

The Waveを去るのは名残惜しくて、もっと滞在していたかったのですが、なんせ暑い。9月下旬とは思えない暑さのため、帰る体力のあるうちにThe Waveをあとにします。

12:30 帰路につく

The Waveのトレイルに関して、声を大にして言いたいのは、あの一番有名な場所だけが絶景スポットではないということです。

ザウェーブの絶景

目的地を去ったあとにも、異世界な空間が一面に広がっています。

ザウェーブの絶景

数歩進んでは写真を撮って、うしろを振り返っては写真を撮っての繰り返しでなかなか前に進みません。

わたしの場合、往路はThe Wave目指して一直線に進んだため、1時間半しかかかりませんでしたが、復路は3時間かかりました。つい寄り道したくなるトレイルです。

15:30 駐車場に到着

トレッキング開始前に記入した用紙に、無事帰ったことを記して、The Waveのトレイルは終了です。

The Waveを訪れる前に知っておきたいこと

The Wave 写真撮影には、正午前後がベスト

The Waveの一番有名な場所は、周辺の岩が高く盛り上がっています。そのため、太陽の位置が低い時間帯だと、影によって肝心のマーブル模様が暗くなってしまいます。

これを避けるには、太陽が高い位置にある正午前後に、The Waveに滞在する必要があります。

気候が穏やかな時期は、到着したい時間から逆算して、2〜3時間前に出発してもいいですが、夏場は、熱中症予防の観点から、もう少し早く出発するのがおすすめです。午前9〜10頃にはすでに気温がかなり上がっており、片道5キロの道を歩くには、結構体力を使います。夏場なら、【朝早いうちに歩いておいて、The Waveで太陽が真上に来るのを待つ】ように計画を立てると、体への負担が軽くなります。

The Wave 許可証は日付指定である

許可証に記入された日以外は使えません。

逆に言うと、許可証に書かれた日なら、何時にトレイルに入っても構いませんし、The Waveに何時間滞在しても構いません。夜のThe Waveに行って、星空の写真を撮る人もいます。トレイルにライトなどはないので、きちんとした装備とトレッキング技術は必須ですが。

ただし、The Waveで一晩キャンプすることは原則禁止です。The Waveへの許可証を持っているだけでは、キャンプは認められていません。

The Wave で迷わないコツ

The Waveでは、せっかく許可証を手に入れても、肝心の目的地までたどり着けないケースが発生しています。最終的には目的地に到着してても、実は途中で道に迷ったという人もいます。

帰り道がわからなくなる遭難事故(死亡事故を含む)も、今までに複数回発生しています。

迷わないコツとしては、当選後にもらう地図と、実際の景色をよく照らし合わせることです。地図には、どちらの方向に進むのか、詳しい説明が載っています。自分の見ている景色と、地図に載っている写真が合わなくなってきたら、合致していたポイントまで戻るのが、安全に進む秘訣です。

また、The Waveに向かっている最中に時々うしろを振り返るのも、遭難を防ぐいい方法です。同じ場所を通っても、逆方向から歩いてくるとまったく違う景色に見えることがあります。

まわりの景色を写真に残して、通過ポイントを記録しておくことも役立ちます。これは抽選会場でもらったアドバイスです。

紙の地図だけで不安な場合は、Google Mapsのオフラインマップを使用できるように設定したり、GPSを準備したりするとよいでしょう。

他の観光客はあてにできません。なぜなら、The Waveでは1日に20人しか許可証を持っておらず、なかなか他の人に出会わないからです。

ちなみに、一番の安全策は、ガイドを雇うことです。

The Wave トレイルで、ガイドを雇うことは必須ではない

すぐ上に【一番の安全策は、ガイドを雇うこと】と書いたのは、

  • The Waveに確実にたどり着く
  • 遭難事故を避ける

ための、もっとも確実な方法としてです。

また、(本来はThe Waveに行くこと自体推奨されていませんが)体調に不安がある人がグループ内にいる場合や、トレイルのコンディションが悪い日にThe Waveに向かう場合など、必要を感じればガイドを頼むことができます。

当選後に抽選会場で希望すれば、公認ガイドを申し込むことができます。

ただし、ガイド代はなかなか高額で、申込者ひとりあたり150ドル前後が最近の相場です。

実際ガイドをつけるグループのほうが少なく、わたしが当選したときは、4グループ中1グループだけガイドを希望していました。

The Wave の人数制限が緩和されるかも?

ここ数年、The Wave抽選の競争率がどんどん高くなっていることを受けて、1日あたりの人数制限を緩和する案が出ています。

もし2019年の発表どおりなら、将来的には1日あたり96人に許可証を出すようです。

今後、人数制限に変更があるようなら、ここに追記します。

The Wave(ザ・ウェーブ)の基本情報

名称

The Wave(ザ・ウェーブ)

場所


Google Mapsで見る

Google Maps上でも【The Wave】の場所は明らかになっていますが、「これを参考にして自由に訪れてよい」という意味ではありません。許可証なくトレイルすると罰金が科せられます。

アメリカ合衆国
アリゾナ州

アクセス

Kanab(カナーブ)から:車で約1時間

現地抽選はカナーブで行われます。当選後、そのままカナーブで宿泊し、翌朝車でザ・ウェーブに向かう人が多い印象です。


Google Mapsで見る

Page(ペイジ)から:車で約1時間


Google Mapsで見る

入場料

7ドル(=許可証発行料)

【許可証を手に入れるための抽選に関して】
現地抽選は無料
オンライン抽選は、1回の参加につき9ドル

気候とベストシーズン

The Waveの気候的ベストシーズンは5月、6月、9月、10月です。7月や8月ほど暑くなく、トレッキングに適した季節です。人気の時期のため、抽選の競争率は高くなります。

ザウェーブの絶景

The Waveの当選確率や、当選確率に影響を与える要素については、下の記事で詳しく書いています。

ザウェーブ抽選の手順・注意点・当選確率
2021年最新情報あり!The Wave(ザ・ウェーブ)抽選手順と当選確率1日にたった20人だけが訪れることのできるアメリカ屈指の絶景スポットThe Wave(ザ・ウェーブ)。 その20人が選ばれる方法は...
スポンサーリンク

【参考】筆者が現地を訪れた時期

  • 2018年9月下旬
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA