アメリカ合衆国🇺🇸

ホースシューベンド|行き方・入園料・おすすめ時間帯

ホースシューベンドの行き方・入園料・おすすめの時間帯

馬の蹄に似ていることからHorseshoe Bend(ホースシューベンド)と呼ばれるこの場所は、コロラド川による長年の浸食によって造り出されました。

Antelope Canyon(アンテロープキャニオン)から車で約10分、Grand Canyon(グランドキャニオン)からは車で約2時間の場所にあり、観光にかかる時間も1〜2時間とそれほど長くないため、他のスポットを訪れる前後にサクッと立ち寄る人が多いです。

また、ホースシューベンドでは、難しいトレッキングなどは不要です。

そんな比較的お手軽に行くことのできるスポットですが、あなどるなかれ。

グランドサークル主役級の絶景で、近年爆発的に観光客が増えています。

この記事では、ホースシューベンドへの行き方や入園料、写真撮影に適した時間帯などを、実際に訪れた経験をもとにまとめました。

ホースシューベンド観光|入園料・所要時間など

駐車場に車を停めたら、駐車料金として10ドル(オートバイなら5ドル)支払います。この料金は、何人乗っていても一律で、1台あたりの金額です。また、ホースシューベンドで必要な支払いは、この駐車料金のみです。

駐車場から約1キロ離れた場所に、一番有名な絶景ポイントがあります。歩いて約20分(片道)です。多少の勾配はありますが、歩くのが難しい道ではありません。

ただし、日陰がないので、夏の暑さ対策は万全にしましょう。

ホースシューベンド内には売店がないので、水はあらかじめ準備しておく必要があります。

観光に必要な時間は、1〜2時間程度です。

写真を撮るのにベストな時期と時間は、夏季の正午前後

絶景スポットに立った状態でホースシューベンドのほうに体を向けると、西側を向くことになります。

つまり、夕日の時間帯は逆光になります。あえて【夕暮れ時のホースシューベンドを訪れる】という目的であれば、まったく問題ありませんし、ホースシューベンドの夕日はとても幻想的だと聞いています。しかし、ホースシューベンドを背景に、人物の顔もしっかりおさめたい場合、夕方は難易度が上がります。

また、冬季は、太陽の位置が低いため、正午前後でも、まわりの岩による影ができてしまいます。

ホースシューベンド全体に影がかからず、明るく撮影できるタイミングは夏季の11〜13時頃です。

それから、ホースシューベンドは被写体が大きすぎて、全体をおさめるのにはなかなか苦労します。広角レンズや、携帯派の場合は自撮り棒があると、写真撮影に役立ちます。

スポンサーリンク

転落に注意

ホースシューベンドの絶景ポイントは、高さ300メートルを超える位置にあり、転落したら命の保証はありません。

過去に複数の転落事故が起きています。

そのような状況を受けて、最近は柵が設置されたそうですが、それでもまだ柵のない部分もあるようなので、足元にはくれぐれも気をつけてください。

ホースシューベンド

ホースシューベンドの基本情報

名称

Horseshoe Bend(ホースシューベンド)

場所


Google Mapsで見る

アメリカ合衆国
アリゾナ州

アクセス

Page(ペイジ)から:車で約10分

ペイジは、ホースシューベンド最寄りの街です。


Google Mapsで見る

アンテロープキャニオンから:車で約10分


Google Mapsで見る

アッパー・ロウワー ・エックス3ヶ所のアンテロープキャニオンツアーの比較
2021年最新情報!アンテロープキャニオンツアー比較|アッパー・ロウワー・エックスマーブル模様の地層と、そこに注ぎ込む太陽光が創り出す、アメリカの絶景スポットAntelope Canyon(アンテロープキャニオン)。 ...

グランドキャニオンから:車で約2時間


Google Mapsで見る

園内のまわり方

駐車場から絶景スポットまでは、約1キロ
徒歩で約20分(片道)

入園料

以前は無料だったが、現在は有料(駐車場代として)

  • 車:10ドル/1台
  • オートバイ:5ドル/1台

何人乗っていても、料金は一律

アメリカ国立公園年間パスは使用不可
(ホースシューベンドは国立公園ではないので対象外)

※Navajo Park Permit(※アンテロープキャニオン入園に必須)は使用不可
(ホースシューベンドはナバホ族居留地ではないので対象外)

開園時間

基本的に、1年中24時間オープン

※観光客が夜に訪れることは想定されておらず、照明などはない

気候とベストシーズン

ホースシューベンドに影がかからず、全体が明るく見えるのは、夏季の正午前後です。

太陽が高い位置にある時期・時間帯をねらうのが、きれいな写真を撮るコツです。

ただし、7〜8月の昼間は、気温が40度近くなることがあるので、暑さや紫外線対策は万全にしてください。

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在時間

  • 2016年7月下旬
  • 滞在時間:約2時間
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報はガイドブックなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA