アメリカ合衆国🇺🇸

ブライスキャニオン国立公園の見どころ|人気トレイルの所要時間・難易度

ブライスキャニオン国立公園の見どころ

Hoodooと呼ばれる尖塔が特徴的なBryce Canyon National Park(ブライスキャニオン国立公園)はアメリカのユタ州にあります。

水や氷、風による長年の侵食によって、たくさんの奇岩が生まれました。

ユニークな地形に目を奪われがちですが、実際に現地を訪れてみると、尖塔のあまりにも美しい色がなによりも印象に残りました。

ブライスキャニオン国立公園を訪れるのは、太陽光が降り注ぐよく晴れた日がおすすめです。また、尖塔の色は、太陽光の強さや向きによって、力強く輝いたり、パステルカラーのようなやわらかい色合いになったりするので、長時間滞在して、その変化を楽しむのもおもしろいです。

ブライスキャニオン国立公園の奇岩群

また、ブライスキャニオン国立公園は、以下のような理由から、観光しやすいのが特長です。

  • 園内での時間がわずか1〜2時間しかなくても、トレッキングをまったくしなくても、いわゆる【ブライスキャニオン国立公園らしい風景】を見ることができる
  • 車やシャトルバスによる園内の移動が簡単(シャトルバスの停車駅も小刻みにある)
  • トレイルの選択肢が多い(車椅子やベビーカーでアクセスできるものも)

ブライスキャニオン国立公園の人気観光スポット

Bryce Amphitheater(ブライス・アンフィシアター)

Bryce Amphitheater(ブライス・アンフィシアター)というエリアには、ブライスキャニオン国立公園らしい光景が広がっています。オレンジ、ピンク、黄色、オフホワイトの尖塔が立ち並ぶ様子は圧巻です。

ブライスキャニオン国立公園の尖塔群

ブライスキャニオンに来たからには、このエリアは外せません。むしろ時間がない場合は、このあたりを散策するだけでもいいのではと思うほどです。

ブライスキャニオン国立公園の人気エリアBryce Amphitheater(ブライス・アンフィシアター)
ブライスキャニオン国立公園の人気エリアBryce Amphitheater(ブライス・アンフィシアター)Source(参考):園内マップ等|ブライスキャニオン国立公園公式サイト
Edit(編集):added blue circle(青の丸を、説明のため画像に書き足しています)

ブライス・アンフィシアター内には、いくつかの展望台があります。中でも、以下の4ヶ所から見る景色はどれも素晴らしかったです。

  • Bryce Point(ブライス・ポイント)
  • Inspiration Point(インスピレーション・ポイント)
  • Sunset Point(サンセット・ポイント)
  • Sunrise Point(サンライズ・ポイント)

Rim Trail(リム・トレイル)をトレッキングすると、この4つの展望台すべてをまわることができます。(詳細は下のトレイル情報にまとめました。)

また、トレッキングをしなくても、車やシャトルバスでそれぞれの展望台にアクセスすることができます。

Natural Bridge(ナチュラル・ブリッジ)

ブライスキャニオン国立公園のNatural Bridge(ナチュラル・ブリッジ)

中央に大きな穴があいたアーチ状の形をしている岩です。

ブライスキャニオン国立公園の中にある数ある奇岩の中でも、他とは異なる特徴的な形をしています。

ブライスキャニオン国立公園のNatural Bridge(ナチュラル・ブリッジ)

Source(参考):園内マップ等|ブライスキャニオン国立公園公式サイト
Edit(編集):added blue circle(青の丸を、説明のため画像に書き足しています)

ちなみに。

わたしは、ブライスキャニオン国立公園の中で、車やシャトルバスでアクセスできる”ポイント”と名のつく展望台にはほぼ立ち寄りました。Agua Canyon(アグア・キャニオン)やNatural Bridge(ナチュラル・ブリッジ)、ビジターセンターから一番離れた場所にあるRainbow Point(レインボー・ポイント)やYovimpa Point(ヨビンパ・ポイント)にも行きました。

園内10ヶ所ほどの展望台に立ち寄って感じたことは、

『ビジターセンターから見て奥のほうにあるスポットは、ブライスキャニオンらしい光景からは遠ざかる』ということです。

ブライスキャニオン国立公園の尖塔群と森

Rainbow Point(レインボー・ポイント)やYovimpa Point(ヨビンパ・ポイント)に立つと、視界を占める森の割合が多くなります。雄大な自然という意味ではもちろん素晴らしく、その周辺でトレッキングなどすればまた違う感想を持ったかもしれませんが、

『ブライスキャニオン国立公園の絶景を見るには、やはりブライス・アンフィシアター周辺が一番!』と思いました。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイル

ブライスキャニオン国立公園の中にはたくさんのトレイルがありますが、この記事ではその中でも特に人気のものを紹介します。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイル

ブライスキャニオン国立公園のトレイル概要

  • 全体的によく整備されている
  • 季節や天候によって封鎖されるエリアがあるので注意
  • 各トレイルの詳細や、天候による封鎖エリアなどの最新情報はブライスキャニオン国立公園公式サイトか、現地ビジターセンターにて

Sunset to Sunrise(サンセットポイント→サンライズポイント)

ブライスキャニオン国立公園内で一番簡単と、公式サイトで説明されているトレイルです。

このトレイルを歩くと、ブライスキャニオンの尖塔群を上から見下ろす感じになります。

トレイルの難易度は低くても、景色のきれいさは抜群です!
ブライスキャニオン国立公園人気トレイルSunset to Sunrise(サンセットポイントからサンライズポイント)

Source(参考):園内マップ等|ブライスキャニオン国立公園公式サイト
Edit(編集):added blue circles(青の丸を、説明のため画像に書き足しています)

このトレイルは、下で紹介するRim Trail(リム・トレイル)の一部分です。Sunset Point(サンセット・ポイント)とSunrise Point(サンライズ・ポイント)の間は、ほぼ平坦で、道もしっかり舗装されています。そのため、車椅子やベビーカーでもアクセス可能です。

Sunset to Sunrise
スタート地点:Sunset Point
ゴール地点:Sunrise Point
※スタート地点とゴール地点を逆にしてトレッキングすることも可
距離:約1.6km(往復)
高低差:約10m
総所要時間:約45分
難易度:低

Rim Trail(リム・トレイル)

メインエリア:Bryce Amphitheater(ブライス・アンフィシアター)の中にある、ブライスキャニオン国立公園らしい景色を満喫するためのトレイルです。このトレイルを歩くと、ブライスキャニオンの尖塔群を上から見下ろす感じになります。

上で紹介した「Sunset to Sunrise(サンセットポイント→サンライズポイント)では物足りない」という方におすすめです。

トレイルの最初から最後まで歩く場合は、以下の5ヶ所の展望台をまわることになります。

  • Bryce Point(ブライス・ポイント)
  • Inspiration Point(インスピレーション・ポイント)
  • Sunset Point(サンセット・ポイント)
  • Sunrise Point(サンライズ・ポイント)
  • Fairyland Point(フェアリーランド・ポイント)
ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルRim Trail(リム・トレイル)

Source(参考):園内マップ等|ブライスキャニオン国立公園公式サイト
Edit(編集):added blue circles(青の丸を、説明のため画像に書き足しています)

実はこのトレイル、端から端まで歩く必要はありません。自分の歩きたいポイントからポイントまでを、部分的にでも楽しむことができます。

園内シャトルバスが運行する時期であれば、【往路でトレッキングして、復路はバス】といった選択肢もあります。アレンジの自由度が高いトレイルなのです。

ブライス・ポイントかフェアリーランド・ポイントを省くと、大きな時間短縮になりますが、ブライス・ポイントはぜひ行ってみてほしい絶景ポイントです。

Rim Trail
スタート地点:Bryce Point
経由地点:Inspiration Point, Sunset Point, Sunrise Point
ゴール地点:Fairyland Point
※スタート地点とゴール地点を逆にしてトレッキングすることも可
距離:約8.5km(片道)
高低差:359m
所要時間:3〜4時間
難易度:中

Navajo Loop(ナバホ・ループ)

すでに紹介したふたつのトレイルは、ブライスキャニオンの尖塔群を上から見下ろす位置にあります。

それに対してナバホ・ループは、ジグザグとトレイルに沿って谷底へ降りていくところから始まります。下の写真に写る人の大きさから、景色の雄大さが伝わるでしょうか。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ)

自分の立ち位置を下げることで、先ほどまでは足元に見えていた奇岩群が、急に両側にそびえたち、一気に迫力が増します。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ)

谷底まで降りたら、360度非現実的な景色が広がります。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ) ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ)

地形の変化に富み、なんとも冒険気分の高まるトレイルです。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ)

ナバホ・ループは、Sunset Point(サンセット・ポイント)から出発し、再度同じ場所に戻ってくるループ状のトレイルです。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ)

Source(参考):園内マップ等|ブライスキャニオン国立公園公式サイト
Edit(編集):added blue circle(青の丸を、説明のため画像に書き足しています)

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ)

勘のいい方はお気づきだと思いますが、ループ状のトレイルなので、傾斜を降りたらそのぶん登る必要があります。滑りやすい部分もあるので、足元には気をつけてください。

なお、冬季はトレイルの一部が通行止めになるため、ループ状に歩けるのは夏季限定です。

Navajo Loop
スタート&ゴール地点:Sunset Point
ルート:ループ状 ※ループ状に歩けるのは夏季限定
距離:2.2km
高低差:168m
総所要時間:1〜2時間
難易度:中

もっとブライスキャニオン国立公園を満喫したい人や、さらに時間や体力のある人は

Queen’s Garden(クイーンズ・ガーデン)Navajo Loop(ナバホ・ループ)ふたつのトレイルを合わせたQueen’s/Navajo Combination Loopという選択肢もあります。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイル

公式サイトによると、これが一番人気のトレッキングルートだそうです。所要時間は2〜3時間です。

ブライスキャニオン国立公園の人気トレイルNavajo Loop(ナバホ・ループ)

ブライスキャニオン国立公園は、実は標高2,700メートルの高地にあります。人によっては、高山病の症状があらわれることがあります。頭痛や吐き気などの症状があるうちは、トレッキングは避けたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

ブライスキャニオンの基本情報

名称

Bryce Canyon National Park(ブライスキャニオン国立公園)

場所


Google Mapsで見る

アメリカ合衆国
ユタ州

アクセス

McCarran International Airport(マッカラン国際空港)|Las Vegas(ラスベガス)から:車で約4時間半


Google Mapsで見る

ザイオン国立公園:車で約1時間半


Google Mapsで見る

ザイオン国立公園の見どころ
ザイオン国立公園の見どころ・渋滞回避のコツ・園内シャトルバスの利用方法Zion National Park(ザイオン国立公園)は、アメリカのユタ州にある大人気の国立公園です。 入口付近から、巨大な岩が...

Kanab(カナーブ)|The Wave(ザ・ウェーブ)の抽選会場のある街から:車で約1時間半


Google Mapsで見る

The Wave抽選は、必ずしも初日で当たるわけではありません。当選確率を見ると、むしろ一発で当たる人のほうが少ないです。

そのため、The Waveを本気で目指す多くの人は、カナーブに連泊し、複数回抽選に通います。その期間、せっかくユタ州に滞在していることを活かして、周辺の観光地に足をのばしてみてはどうでしょうか。

ブライスキャニオン国立公園なら、The Wave抽選の終わる午前10時頃にカナーブを出発しても、観光の時間をじゅうぶんとることができます。

ザウェーブ抽選の手順・注意点・当選確率
2021年最新情報あり!The Wave(ザ・ウェーブ)抽選手順と当選確率1日にたった20人だけが訪れることのできるアメリカ屈指の絶景スポットThe Wave(ザ・ウェーブ)。 その20人が選ばれる方法は...
ザウェーブ抽選翌日のトレッキングに必要な服装・持ち物・車
The Wave(ザ・ウェーブ)トレッキング|服装・持ち物・車|当選後の準備美しいマーブル模様が一面に広がるThe Wave(ザ・ウェーブ)。 2003年に発見された比較的新しいスポットであるにも関わらず、...

園内のまわり方

4〜10月は、園内の無料シャトルバスが運行しています。

各展望台やトレイル入口近くにある駐車場は、停められる台数が限られているため、人気の時期はすぐ満車になってしまい、スムーズに観光できないこともあります。

駐車場の混雑緩和と、環境保護の観点から、無料シャトルバスの利用が推奨されています。

もちろん、

  • 無料シャトルバスが運行していない日や時間帯
  • 園内が混雑していない日

などは、ブライスキャニオン国立公園まで乗ってきた自家用車やレンタカーで、園内をまわることができます。

園内の駐車場は無料です。

入園料

  • 車(ツアーなど商用のものを除く、7日間有効):35ドル/1台
  • オートバイ(7日間有効):30ドル
  • 個人(徒歩や自転車での入園、7日間有効):20ドル
  • アメリカ国立公園年間パス:80ドル/1台
アメリカ国立公園年間パスの購入方法・使用上のルール・注意点
アメリカ国立公園をお得にめぐる方法|年間パスの購入方法・注意点レンタカーで、アメリカ縦断やグランドサークル周遊を計画中ですか? (※グランドサークル:アリゾナ州とユタ州に広がる国立公園や国定公園が...

開園時間

基本的に、1年中24時間オープン

気候とベストシーズン

ベストシーズンは、5〜9月です。この時期は園内の無料シャトルバスも運行しています。

7〜8月の日中は日差しが強く、気温が30度近くなることもあるので、熱中症には注意が必要です。特にトレッキングに出かける場合、十分な水の用意は必須です。軽食、帽子、サングラス、日焼け止めがあると、さらに安心です。

また、ブライスキャニオン国立公園は、標高が2,700メートルもあるので、夏でも朝晩は冷え込みます。防寒着を持っていくと安心です。

そして、冬の間は雪が降ります。

雪によって、道路の一部が封鎖されたり、トレイルの一部が立入禁止になったりします。夏と同じようには観光できません。

とはいえ、インターネットで【ブライスキャニオン 雪】のキーワードで画像検索すると、とてもきれいな写真が出てくるので、冬の景色も見てみたいなと思います。

滞在時間

6時間ほどあれば、

  • 園内の主要な展望台をまわり
  • トレイルも1〜2ヶ所歩ける

と思います。

参考サイト

ブライスキャニオン国立公園|アメリカ国立公園公式サイト

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在時間

  • 滞在時期:2016年7月下旬、2018年9月下旬
  • 滞在時間:半日ほど
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA