アメリカ合衆国🇺🇸

セコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園のおすすめ観光スポット

セコイア国立公園キングスキャニオン国立公園の観光見どころスポット

カリフォルニア州にあるSequoia National Park(セコイア国立公園)Kings Canyon National Park(キングスキャニオン国立公園)の見どころを紹介します。

このふたつの国立公園を訪れるなら、世界最大級のセコイアの木々は見逃せません。

セコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園にあるセコイアの巨木

他にも、洞窟の中を歩くツアーに参加したり、大自然の中をトレッキングしたり、見渡す限りの絶景が楽しめる展望台にのぼったり、と数々のアクティビティが体験できます。

セコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園は隣接しています。どちらの園内にも、ロッジやキャンプ場があるので、宿泊してゆっくり満喫することもできます。

セコイア&キングスキャニオン国立公園の観光地図

園内マップ|セコイア&キングスキャニオン国立公園公式サイト

セコイア&キングスキャニオン国立公園の観光スポット

General Sherman Tree(シャーマン将軍の木)

巨木が立ち並ぶセコイア国立公園の中でも、ひときわ大きいのが樹齢2,200年のGeneral Sherman Tree(シャーマン将軍の木)です。

シャーマン将軍の木は、高さ83メートル、幹の直径(根元部分)11メートルという規格外の大きさですが、実はその高さも太さも世界一ではありません

ではなぜ、シャーマン将軍の木が有名なのかというと、幹の体積が世界一だからです。

そして、シャーマン将軍の木は今もなお成長中で、年々大きくなっています。

セコイア&キングスキャニオン国立公園に来たなら、ここだけは押さえておきたいスポットです

シャーマン将軍の木へアクセスするには、Summer parking for Sherman Tree Trailに車を停めて歩きます。駐車場からシャーマン将軍の木へは800メートルほどです。多少の勾配はありますが、舗装されていて歩きやすい印象です。

シャーマン将軍の木だけを見に行くのであれば、写真を撮る時間などを入れても1時間ほど見ておけば足りると思います。

駐車場からシャーマン将軍の木への往復だけ終わらず、Congress Loopというトレイルを歩く人もいます。他の巨木を見てまわったり、セコイアの木に関する解説看板を丁寧に読みながら散策したりするなら、1時間半〜2時間ほどの所要時間です。

セコイア国立公園で見られる巨木の断面

このトレイルは、全体的によく整備されており、所々に休憩用の椅子も設置してあります。

シャーマン将軍の木は、そのあまりの大きさから、近づきすぎると全体を写真におさめることは困難です。

少し離れた場所から撮影すると、全体像を撮影することができます。またあえて、人を入れて撮影すると、この木がいかに巨大かということが伝わります。

セコイア国立公園最大の見どころシャーマン将軍の木で写真を撮る人々

そしてシャーマン将軍の木に近づいて撮影すると、その幹の太さがよくわかります。

General Sherman Tree Trail
スタート&ゴール地点:Summer parking for Sherman Tree Trail
距離:約1.5km(駐車場からシャーマン将軍の木を往復する場合)
高低差:約50m
総所要時間:1〜2時間(どこまで散策するかによる)
難易度:低
駐車場:あり(無料)

シャーマン将軍の木にアクセスする最短ルートは、Generals Highway沿の駐車場を利用することですが、この駐車場はいつでも誰でも利用できるわけではありません。

夏季は、車椅子利用者など、身体に不自由のある方のみ利用可能です。駐車の際、外から見えるように、障がい者用駐車カードを提示しておく必要があります。

冬季は、園内シャトルバスが運行していない時期(時間帯)であれば、誰でも駐車可能です。

キングスキャニオン国立公園内にあるGeneral Grant Tree(グラント将軍の木)も、世界で2番目に大きなセコイアの木として有名です。わたしは行っていませんが、地図を確認すると、こちらのほうが駐車場からのアクセスは簡単なようです。

Tunnel Log(トンネル・ログ)

1937年に樹齢2,000年を超えると推定される巨大セコイアが倒れ、道路をふさぎました。

この木を人工的にくり抜いたのが、今や写真スポットとして有名なTunnel Log(トンネル・ログ)です。

トンネル部分の大きさは、幅5.2メートル、高さ2.4メートルと、普通車なら容易にくぐり抜けることができます。

Moro Rock(モロ・ロック)

セコイア国立公園の中にある、巨大花崗岩Moro Rock(モロ・ロック)には登ることができます。

セコイア国立公園のMoro Rock(モロ・ロック)へ登る石段

350段以上ある石段を登ると、遠くに連なるSierra Nevada Mountains(シエラネバダ山脈)が見渡せます。この山脈の最高峰は4,418メートルと富士山山頂より高く、雪の積もる時期はより美しいそうです。

セコイア国立公園のモロロックを登ったら見られる絶景Sierra Nevada Mountains(シエラネバダ山脈)

石段には手すりもあって、よく整備されているので、軽装で挑戦することができます。

ただし、横幅のかなりせまい部分や、すべりやすい部分もあるので足元には気をつけてください。また高所恐怖症の方には、怖さを感じる箇所があるかもしれません。

セコイア国立公園のモロロックにはすべりやすい場所もある

Moro Rock Trail
スタート地点:Moro Rockのすぐ下にある駐車場
ゴール地点:Moro Rock展望台
距離:約0.9km(往復)
高低差:約90m
総所要時間:約45分
難易度:中
駐車場:あり(無料)

Crystal Cave(クリスタル洞窟)

セコイア国立公園の中には250を超える洞窟があるそうですが、中に入ることができるのはCrystal Cave(クリスタル洞窟)のみです。ただし、個人で入ることはできず、ガイド付きツアーに参加する必要があります。

また、クリスタル洞窟のツアーが開催されるのは、春から秋にかけてのみです。

わたしは、洞窟内に45分ほど滞在できるファミリーツアーに参加しました

ツアーチケットは、事前にオンラインで購入するか、当日セコイア国立公園内のビジターセンター(Foothills Visitor Centerか、Lodgepole Visitor Center)で購入するかです。クリスタル洞窟の入口や駐車場でのチケット販売はありません

セコイア国立公園の中で唯一中に入れるCrystal Cave(クリスタル洞窟)のチケット

人気のシーズンだとチケットが売り切れるのも早く、当日券が販売されなかったり、販売されたとしても希望の時間に空きがなかったりします。

当日は、ツアーの開始時間に遅れないように、クリスタル洞窟の駐車場に移動します。集合時間に遅れた場合、ツアーに途中から参加することはできません。ツアー代金の返金もありません。

園内の各ポイントから、クリスタル洞窟駐車場までの所要時間の目安は:

  • Foothills Visitor Centerから約60分
  • Lodgepole Visitor Centerから約45分
  • Giant Forest Museumから約30分

です。

このツアーは、クリスタル洞窟駐車場の一角にあるCave Bookstoreという小さな店の近くに参加者が集合し、ガイドが全体の流れや注意点を説明するところから始まります。

ガイドから、洞窟内に持ち込んでもいいもの/ダメなものの説明があり、必要があれば一度車に戻って準備し直すことができます。三脚や自撮り棒は持ち込めません

洞窟内は、写真撮影可ですが、フラッシュは禁止です。

洞窟の中は、外よりもだいぶ気温が低いので、真夏でも長袖を持っていくと安心です。

ツアーガイドが話し終わったら、ひとりずつ靴底の消毒をします。

消毒が終わったら、Cave Bookstoreの前を通り、洞窟の入口に向けて移動します。ここからは下り道が続きます。洞窟入口までは約0.8kmで、15〜20分ほどの道のりです。

洞窟入口での集合時間が決まっているため、ガイドからは「写真は撮らないで、とにかく前に進んで」と言われます。洞窟ツアーが終わったあと、また同じ道を通って駐車場に戻るので、あとから写真撮影のチャンスはあります。

また、洞窟の入口に到着するまでは、他のツアー参加者と行動をともにする必要はありません。洞窟前での集合時間に間に合うよう、各自のペースで歩きます。

セコイア国立公園にあるCrystal Cave(クリスタル洞窟)の入口

洞窟内はもちろん薄暗いのですが、特に歩きにくい部分はなく、危険を感じることもありませんでした。

自然が長い年月をかけて創り出すものの美しさを堪能し、ガイドの興味深い話に耳を傾けていたら、あっという間にツアーは終わりました。

セコイア国立公園にあるCrystal Cave(クリスタル洞窟)の中の様子 セコイア国立公園にあるCrystal Cave(クリスタル洞窟)の中の様子

ツアーの中で一番印象に残ったのは、洞窟の本来の暗さと静けさを体験したことです。

洞窟内の広い場所で、参加者全員がその場に座り、ガイドが洞窟内の照明を切るという場面がありました。「携帯電話やカメラの明かりを切って」「声や音を出さないで」と指示されます。

すると、文字通り【なにも見えない】暗さになりました。そして、静寂の中に、ぴちゃん、ぴちゃんと水の音だけが響きます。

今まで日本や海外で、何度か鍾乳洞などの洞窟に入る経験をしてきましたが、【洞内の明かりを落とす】というのは初めてでした。今でも、あのときの光景や音はしっかり覚えています。

Zumwalt Meadow(ズムウォルト・メドウ)

セコイア国立公園からキングスキャニオン国立公園に入り、奥へ奥へと運転した先にZumwalt Meadow(ズムウォルト・メドウ)という場所があります。

キングスキャニオン国立公園を奥に進むとあるZumwalt Meadow(ズムウォルト・メドウ)トレッキング

これは、公式の地図に【Roads End Permit Station】と書いてある、すぐ手前のエリアです。許可証なく運転して来られるギリギリの場所です。

キングスキャニオン国立公園を奥に進むとあるZumwalt Meadow(ズムウォルト・メドウ)トレッキング

ズムウォルト・メドウには約2.4キロの歩きやすいトレイルがあります。このエリアまでやって来る観光客は限られているため、夏の人気シーズンでも静かな時間を過ごすことができます。駐車場もまったく混雑しません。

キングスキャニオン国立公園を奥に進むとあるZumwalt Meadow(ズムウォルト・メドウ)トレッキング

なお、このエリアは冬になると閉鎖されます。

Zumwalt Meadow Loop Trail
スタート&ゴール地点:Zumwalt Meadow Trailhead
ルート:ループ状
距離:約2.4km
高低差:約30m
総所要時間:約1.5〜2時間
難易度:中
駐車場:あり(無料)

スポンサーリンク

セコイア&キングスキャニオン国立公園の基本情報

名称

Sequoia National Park(セコイア国立公園)
Kings Canyon National Park(キングスキャニオン国立公園)

セコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園をドライブ中に見える景色

場所

Sequoia National Park(セコイア国立公園)


Google Mapsで見る

Kings Canyon National Park(キングスキャニオン国立公園)


Google Mapsで見る

アメリカ合衆国
カリフォルニア州

アクセス

ここでは、セコイア国立公園へのアクセスを示します。キングスキャニオン国立公園は、セコイア国立公園のすぐ隣に位置します。

Los Angeles(ロサンゼルス)から:車で約3.5時間


Google Mapsで見る

San Francisco(サンフランシスコ)から:車で約4時間


Google Mapsで見る

アルカトラズ刑務所@サンフランシスコ|ツアー詳細・チケット購入方法サンフランシスコの街からわずか2.4キロ離れた場所に浮かぶ小島Alcatraz Island(アルカトラズ島)には、かつて連邦刑務所があ...

Las Vegas(ラスベガス)から:車で約6時間


Google Mapsで見る

Yosemite National Park(ヨセミテ国立公園)から:車で約2時間半


Google Mapsで見る

ヨセミテ国立公園の観光見どころスポット
ヨセミテ国立公園の見逃せない絶景ポイント・トレイル「アメリカ国立公園来場者数ランキング」や「アメリカ国立公園人気ランキング」で、よく上位にランクインするYosemite National...

園内のまわり方

自家用車かレンタカーでまわる人が圧倒的に多いです。

あるいは、セコイア&キングスキャニオン国立公園を訪れるツアーに参加する方法があります。

入園料

以下の入園料は、セコイア国立公園とキングスキャニオン国立公園で共通

  • 車(ツアーなど商用のものを除く、7日間有効):35ドル/1台
  • オートバイ(7日間有効):30ドル
  • 個人(徒歩や自転車での入園、7日間有効):20ドル
  • アメリカ国立公園年間パス:80ドル/1台
アメリカ国立公園年間パスの購入方法・使用上のルール・注意点
アメリカ国立公園をお得にめぐる方法|年間パスの購入方法・注意点レンタカーで、アメリカ縦断やグランドサークル周遊を計画中ですか? (※グランドサークル:アリゾナ州とユタ州に広がる国立公園や国定公園が...

開園時間

基本的に、1年中24時間オープン

ただし、Mineral KingエリアCedar Groveエリアは、春〜秋のみオープン

キングスキャニオン国立公園

気候とベストシーズン

ベストシーズンは夏です。セコイア&キングスキャニオン国立公園では、真夏でも日中の気温が25度前後と、過ごしやすいのが魅力です。

7〜8月は、日中の日差しが強くなりますが、園内の巨木のおかげで日陰が多いのも特徴です。

熱中症の心配が比較的少ないとはいえ、トレッキングに出かける場合は、十分な水の用意は必須です。軽食、帽子、サングラス、日焼け止めがあると、さらに安心です。

夏でも、朝晩の気温は10度前後まで下がることがあるので、防寒着は必須です。

Mineral KingエリアCedar Groveエリアに行くなら、春〜秋です。冬は入ることができません。

キングスキャニオン国立公園を奥に進むとあるZumwalt Meadow(ズムウォルト・メドウ)トレッキング

また、冬の間、上記2ヶ所以外のエリアでも、雪によって、道路の一部が封鎖されたり、トレイルの一部が立入禁止になったりすることがあります。

滞在日数

日帰りでも、園内の主要スポットは押さえることができます。

園内にはロッジやキャンプ場があるので、宿泊してゆっくりまわることもできます。夏は人気シーズンなので、日程が決まったら早めに予約しておくのがおすすめです。

参考サイト

セコイア国立公園&キングスキャニオン国立公園|アメリカ国立公園公式サイト

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在期間

  • 滞在時期:2018年9月下旬
  • 滞在期間:セコイア国立公園に1日、キングスキャニオン国立公園に1日
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA