メキシコ🇲🇽

車で陸路入国!アメリカからメキシコに国境越え|必要書類・費用・保険

陸路入国!車でアメリカからメキシコに国境越え

この記事は、バンライフでアメリカ大陸を縦断する中で、アメリカからメキシコに陸路で入国した経験をもとに書いています。

現在は、入国の条件や必要書類が変更になっているのでご注意ください。

※当記事に掲載している情報は2018年10月時点(筆者旅行時)のものです。出入国に関する情報は、必ず最新のものをご確認ください。

陸路でアメリカからメキシコへ|通過した国境

テキサス州にあるLaredoという街からアメリカを出国し、メキシコに入国しました。


Google Mapsで見る

アメリカからメキシコに向けて国境越えをする際、Laredoという街を選んだ理由は

  • なるべく治安のいい地域で国境越えをしたかった
  • 道路事情のよりよいアメリカ側で、移動距離を稼ぎたかった

からです。

2018年10月当時、数千人規模の移民キャラバンが、中米からアメリカを目指して北上していました。そのため情勢が不安定な地域がいくつかありました。現地で最新情報を集め続け、比較的安全に国境越えができると判断したのがLaredoでした。

アメリカとメキシコの道路事情(道路のクオリティ・設備・治安)を比較したとき、なるべくアメリカ側で距離をかせぎたいと思いました。メキシコには未舗装の道がたくさんあります。運転していて疲れやすく、車自体も傷みやすくなります。

上のGoogle Mapsを参考にしてください。Laredoでの国境越えなら、アメリカ側でかなり南下できていることがわかります。

アメリカ出国からメキシコ入国までの流れ|必要書類・費用・保険

1. アメリカ出国

アメリカに車で入国するときのような大量の質問も、緊張感もまったくありませんでした。あっさり出国手続きが完了しました。

2. アメリカ-メキシコ間の橋をわたる

通行料:3.5ドル

もらったレシートに “Thank you, Gracias”と書いてあって、スペイン語圏に入ることを実感しました。

3. 車の内部チェック

ゲートに設置してあるカメラで、車の外側から写真を撮られました。

そのあとスタッフが出てきて、車の内部をライトで照らしながら、簡単にチェックされました。カバンの中など細かいチェックはありませんでした。

4. メキシコ入国

人の入国手続き

少し離れたCIITEV(連邦政府庁舎)に移動し、車を停めます。

オフィスの中に移動し、メキシコ入国の手続きをします。

ここはアメリカとの国境ですが、英語を話すスタッフはほとんどいません。基本的にスペイン語で話しかけられます。警備員たちは、こちらから見えるように銃を持っていますが、本人たちは談笑していて、緊張感や怖い雰囲気はゼロでした。

入国審査のオフィスは全然混雑していませんでした。

氏名、国籍、生年月日、パスポート番号、渡航の目的などを書類に記入し、ひとりあたり533メキシコペソ(2018年10月時点, 当時のレートで約3,000円)を支払いました。

オフィスのいたるところに
“A partir del 01 de Euero de 2018 $533.00” と掲示されています。最初、米ドル表記かと勘違いして、その金額の高さにびっくりしましたが、実際にはメキシコペソ表記でした。

533メキシコペソという金額は、メキシコ滞在が7日を超える場合に徴収されます。入国時の国境で「7日以下」と伝えて、結果的に7日を超えた場合は、出国時の国境で徴収されます。空路入国の場合、この金額は航空券代に含まれているので、別途支払いの必要はありません。

ここで受け取る書類は、メキシコ出国まで失くさず持っておく必要があります。書類に記入された数字を確認すると、許可されたメキシコ滞在期間は180日でした。

わたしが実際に、メキシコ国内でこの書類を提示する必要があったのは

  • 路上検問時
  • メキシコ国内の空港利用時(メキシコシティからキューバに往復旅行した)
  • メキシコ出国時(メキシコ→グアテマラの陸路国境)

でした。

メキシコシティ国際空港で空港泊してキューバへ
メキシコシティ国際空港で空港泊してキューバへ|Wi-Fi・駐車場・セキュリティバンライフでアメリカ大陸を南下する途中、キューバに立ち寄りました。メキシコからキューバへ空路で往復しました。 キューバを旅した1週...

車の保険加入

車の持ち込み手続きをするカウンターに向かう途中、車の保険会社(複数)が小さなオフィスをかまえていて、「保険に入らないか」と声をかけてきます。

わたしは入国の前日、ウェブ上で加入を済ませていたので、「もう入っている」と伝えました。個人的に、スペイン語で保険の契約をするのはハードルが高いので、英語対応のウェブ契約を選んでよかったです。

利用した保険会社は、Lewis and Lewisです。最後まで比較検討したBaja bound insuranceに関するメモとともに、記録を残しておきます。

Lewis and Lewis
  • 30日間メキシコ全土カバーで126ドル
  • 地域限定だとさらに20ドルほど安くできる
  • 事故の際の保証額は最大500,000ドル
  • 追加料金を支払うことでさらなる保証をつけることができる
  • 電話担当の人は「たいていの事故は、ベーシックプランでカバーできる。追加料金は要らないのでは。」と
Baja bound insurance
  • 1ヶ月単位のプランはなし
  • プランの期間としては、1日単位か、6ヶ月単位か、1年単位か
  • 1日のプランを30日間契約すると159ドル
  • 6ヶ月のプランで170ドル
  • 事故の際の保証は、相手の怪我、相手の車の損傷に対してのみ

わたしは1ヶ月間ほどメキシコを旅する予定だったので、30日分の契約金額がより安いLewis and Lewisに加入しました。

Lewis and Lewisのウェブサイトで必要事項を記入し、クレジットカードで保険料を支払いました。そのあと契約完了のメールを受信しました。

国境や検問、万が一の事故のため、契約内容をすぐ提示できれば便利だと考え、念のためメールの内容を印刷しておきました。

国境オフィスでは、車の保険に加入しているかどうかについては、なにも聞かれませんでした。

Lewis and LewisもBaja bound insuranceも、電話対応が丁寧で、わからないことを気軽に質問できるのがよかったです。どちらも英語対応可能でした。オフィスの営業時間や、保険の保証期間は、すべてPacific Standard Time (PST)です。

車の入国手続き

車の入国手続きに必要な書類のコピーをとられます。

  • パスポート
  • 国際免許証
  • 自動車登録証(検査証)

コピー代は米ドルでもメキシコペソでも支払い可能です。支払いは現金のみで、クレジットカードは使用不可でした。

自家用車(普通車)をメキシコに持ち込む金額は、4,942.18メキシコペソ(米ドルで支払うなら、258ドル)でした。クレジットカードで支払いました。

この金額にはデポジットが含まれています。メキシコ出国後に一部(3,814メキシコペソ)は返金されます。デポジット返金の条件として、「決められた期限までに車の登録をキャンセル(=メキシコを出国)すること」と念を押されました。デポジットの金額には幅があり、車によって異なります。

車に戻り、オフィスで受け取ったステッカーを車のフロントガラスに貼ります。このステッカーが、「違法に持ち込んだ車ではないよ」「手続きは済んでいるよ」という証拠になります。

スポンサーリンク

アメリカ出国からメキシコ入国の所要時間

10月の平日、午前8時半にアメリカ-メキシコ間の橋を渡り、メキシコ側で車のステッカーを受け取るまで、1時間強でした。

混雑箇所はまったくなく、スムーズに終わりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA