ブログ

Googleアドセンスに関するウワサを検証してみた|2020年12月版

Googleアドセンスに関するウワサを検証してみた

ちまたにあふれるGoogleアドセンス合否に関するウワサ。

こうやったら一発合格した!

とか

これはNG

とか、調べ始めるとキリがないほど出てきます。

Googleアドセンスは、不合格のときに

「あなたの記事のこの部分がダメ」とか「ブログのここを直してね」って教えてくれるわけではないので、

不合格が続くともうなにを改善したらいいのやら、分からなくなってしまいます。

世の中に出回っている情報の中にはもちろん正しいものもありますが、中には

  • 誤っているもの
  • 以前は正しかったが、現在では通用しないもの
  • 一部の人には当てはまるけど、大部分の人には当てはまらないもの

などもあります。

そこでこの記事では、2020年12月にアドセンス合格した当ブログの管理人が、Googleアドセンスにまつわるウワサに関して、Q&A形式で答えていきます。

まあこの記事だって、一種の”ウワサ”みたいなものです。一個人が経験したことをそのまま書いているだけです。

「ふーん、そんな人もいるんだな」くらいの気持ちで読んでいただけると幸いです。

ウワサ-1. 「記事数は多いほうがいい」「記事数は少ないほうがいい」

当ブログがGoogleアドセンスに合格したときの記事数は11でした。

以前は、20以上とか、30以上とかという基準をよく見かけましたが、最近合格している方をTwitter検索すると、20未満の方が多いように感じます。

だからといって、【Googleアドセンスの基準として、記事は少ない方が好ましい】というわけではない気がします。

これに関しては、記事の数うんぬんより、大切なのは圧倒的に記事の内容だと言われています。

ただ、Googleアドセンス不合格の理由が【ポリシー違反】や【重複コンテンツ】の場合、記事数が少ない方が原因の箇所を見つけやすいのは確かです。

ウワサ-2. 「ある程度アクセス数があるほうが合格しやすい」「ある程度アクセス数があるほうが審査が早い」

当ブログの結果だけを見ると、答えはNOです。

当ブログがGoogleアドセンスの審査に通ったとき、1日あたりの平均アクセス数は2(そのうち1は常にわたし)という状態でした。

そして申請の翌日には、合格メールを受信しています。審査にかかる時間は、そのときのGoogle側の事情や、同時期に申請者が多いか少ないか等にも影響を受けると推測しますが、少なくとも【アクセス数が少ないから合格しない】ということはないようです。

スポンサーリンク

ウワサ-3. 「外部リンクは貼らないほうがよい」

当ブログの結果だけを見ると、答えはNOです。

旅ブログの特徴のひとつだと思いますが、読者に正確な情報を得てほしいと思うと、どうしてもGoogle Mapsや、各公式サイトの外部リンクを貼ることになります。

Googleアドセンス合格時の記事数・文字数・レイアウト公開
Googleアドセンス合格時のブログ公開|記事数・文字数・レイアウト等わたしがGoogleアドセンスになかなか合格できなかったとき、すでに審査を通過しているサイトをいくつも訪れては、自分のサイトに何が足りな...

もしかすると、

  • リンク先のサイトの質が問われる
  • 記事に関係のない外部リンクは貼らないように

といった意図なのかもしれません。

ウワサ-4. 「文字数が少なすぎるのはダメ」「文字数が多すぎるのもダメ」

当ブログがGoogleアドセンス審査に通ったときの、記事の文字数の平均は2,731字でした。一番文字数の少ない記事では、1,411字でした。

「文字数が少なすぎるのはダメ」と言われる理由はわかります。短すぎる記事だと、伝えられる内容も少ないでしょう。

ただ、これに関しては断言できるのですが、大事なのは文字数よりも記事の内容です。

そして、ある程度の記事の質を保とうとすると、自然と1,000字は超えてくるのではないでしょうか。

「◯◯文字以上書かなくては!」ではなく、「これをわかりやすく伝えるにはどうしたらいいか」という発想で記事を書くことを意識しています。そうすれば、結果的に文字数は増えていきます。

また、「文字数が多すぎるのもダメ」というウワサに関しては、検証していないのでわかりません。当ブログの審査合格時に、一番文字数が多かった記事は3,770字なので、それほど多いとは言えません。

ウワサ-5. 「Googleアドセンス申請前後は記事を更新したほうがいい」

わたしの経験だけでは、Googleアドセンス申請前後に記事を更新することが、プラスに働くのかは正直分かりません。ただ感覚的に、マイナスに作用することはない気がします。

当ブログは、最後のリライトから24時間以内にGoogleアドセンス申請をしました。

申請後に関しては、当ブログの結果だけを見ると、答えはNOです。というより、翌日には合格メールが来たので、新たな記事を出す時間もありませんでした。

スポンサーリンク

ウワサ-6. 「キュレーションサイト(まとめサイト)のようなタイトルはつけないほうがいい」

当ブログの結果だけを見ると、答えはNOです。ソースは以下の記事です。

イエローストーン国立公園観光の見どころ
イエローストーン観光の見どころ9選|定番から穴場までアメリカの火山地帯に位置するYellowstone National Park(イエローストーン国立公園)は、大自然のさまざまな姿を楽し...
アーチーズ国立公園の絶景トレイルの詳細・所要時間・難易度
アーチーズ国立公園の絶景ポイント7選|トレイル詳細・所要時間・難易度アーチ状の岩が特徴的なArches National Park(アーチーズ国立公園)。 園内には、約2,000個ものアーチが発見さ...

旅先について紹介するとき、【BEST◯】とか【◯選】のようなタイトルは使いやすいです。

ウワサ-7. 「コロナ禍で旅テーマのブログは合格しにくいのでは?」

当ブログの結果だけを見ると、答えはNOです。

最近はGoogleアドセンス合格を受けて、その体験をシェアするための記事を書いていますが、申請時点では旅に関する記事しかありませんでした。

といっても、2020年12月現在、旅ブログ(しかも海外メイン)を始めるのはまったくおすすめしません。

実際このブログにはほとんどアクセスがありませんし、Googleアドセンスに合格したところで、収益化はほぼ不可能です。

ブログ開設から1年経って、ようやくアクセスが増えてきました。アクセスが増えてくると、ついつい収益が気になるところですが、今後も「好きなことを書く」というスタンスを崩さず、やっていくつもりです。(2021年6月追記)

Googleアドセンス審査に合格するために実際やったことリスト
2020年12月合格|Googleアドセンス審査のため実際にやったことリスト当ブログがGoogleアドセンスに合格するために行ったことを紹介します。 この記事はあくまでも【当サイトの管理人が、Googleアドセ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA