アメリカ合衆国🇺🇸

地図で説明!グランドティートン国立公園でムース遭遇率の高い場所

グランドティートン国立公園でムースに会える可能性の高い場所

自然豊かなGrand Teton National Park(グランドティートン国立公園)内には、ムース、エルク、バイソンなどたくさんの野生動物が暮らしています。

野生動物の中でも、ムースは特に警戒心が強く、なかなか出会うことができません。

この記事では、グランドティートン国立公園で実際にムースを見た経験をもとに、ムース遭遇率の高いスポットや、会いに行く際の注意点などをまとめました。

Moose-Wilson Roadでムースに会う

国立公園内のビジターセンターで、複数のレンジャー(自然保護官)にムースの生息エリアを聞いてみると、Moose-Wilson Road周辺という回答が一番多かったです。

グランドティートン国立公園のムース グランドティートン国立公園のムース

Moose-Wilson Roadには、車幅がかなり狭い箇所もあり、どこでも自由に車を停められるわけではありません。

車から降りて周辺を散策する場合には、下の駐車場がおすすめです。

おすすめの駐車場(地図座標:43.654119,-110.738045)

Google Mapsで見る

航空写真のほうを拡大してみてください。

駐車場から南の方角に小さな道がのびています。この道を歩いて進むと、川辺の様子をのぞくことができます。動物たちは水を飲むために定期的に水辺を訪れます。その中にムースの姿が見えることがあります。

駐車場の南西の方向に森がありますが、この中にも野生動物が生息しています。わたしが訪れたときは、大きな角を持ったオスのムースが、ちょうど眠りから覚めて、これから活動を開始するところでした。(このムースの写真は、うまく撮れていません。)

近くにいたレンジャーによると、「このあと、水を求めて川に降りるだろう」とのことでした。それと同時に「人が多く集まってしまうと、警戒して森から出てこられなくなる」とも言われました。本当はもっと近くでその姿を見てみたかったのですが、野生動物の生活を邪魔するのは本意ではないので、このタイミングでその場をあとにしました。

遠くからでしたが、ムースの堂々とした姿はとてもかっこよかったです。

野生動物に会いに行くときは、とにかく静かに、またしっかりと距離をとって、動物たちを驚かせないことが大切です。望遠鏡や望遠レンズを使って、離れた場所から見守るのが暗黙の了解です。

国立公園内で野生動物が姿を見せたときのサイン

路肩にレンジャーの車が止まっていたり、さらにはその車が複数だったり、三角コーンで道路の片側を封鎖したりしている場合、野生動物が道路に出てきてしまった可能性があります。前を走行している車が、ハザードランプで教えてくれることもあります。

グランドティートン国立公園のクマ

そのような状況では、必ず徐行運転をし、野生動物との事故を起こさないようにしたいです。野生動物が出てきたと知ると、車を降りて、より近くで見たり、写真を撮ったりしたくなる心境も理解はできます。ただ、その行為が動物たちを刺激してしまって、事故につながることもあります。野生動物の本来の生活が壊れてしまうこともあります。

レンジャーは、野生動物と観光客、両方の安全を守ろうとしてくれます。近くにレンジャーがいるときは、必ず指示に従います。

ちなみに、ムースは、大きいものになると体高が3メートルを超え、体重も800キロ近くになります。運転中に誤ってムースに衝突し、その体が車側に倒れてきてフロントガラスが割れ、運転手が負傷するという事故も起こっています。こちら(人間)が自然の中にお邪魔しているという気持ちを忘れず、動物優先&安全第一で旅したいものです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA