カナダ🇨🇦

ファームジョブ|カナダBC州で1ヶ月間チェリーピッキングをした話

カナダBC州オソヨースで1ヶ月間チェリーピッキングをした体験談

2018年の夏、カナダのブリティッシュコロンビア州にあるOsoyoos(オソヨース)という町のチェリー農園で、収穫の仕事を経験しました。

初めての仕事、初めての町、初めて会う人たち。初めて尽くしで、さらには情報も少ない。

最初はどうなることかと思いましたが、結局はとても充実した1ヶ月になりました。

チェリーピッキングという仕事について、自分が経験したことをここに記録を残しておきます。

チェリーピッキング仕事の概要

時期

夏 6〜9月(正確な時期は、場所による)

場所

カナダでチェリーピッキングの仕事を探すなら、BC州のOkanagan(オカナガン)という地域に行く人がほとんどです。

働ける時期が決まっている場合は、その時期に収穫期を迎える町に行って働きます。

チェリー前線(収穫期)に合わせて働く場合は、南の町から北の町へと移動することになります。

Osoyoos(オソヨース)

Oliver(オリバー)

Penticton(ペンティクトン)

Kelowna(ケロウナ)

わたしが滞在していたオソヨースで収穫が始まるのが6月中旬頃で、最北のケロウナで収穫が終わるのが9月です。

収穫するフルーツの種類を変えて(リンゴなど)、10月以降も引き続き働く人もいます。

仕事内容

収穫

特に人手の必要な収穫期に、短期集中で農園をお手伝いする仕事です。一般的に「ファームジョブ」と呼ばれます。

働くときは、収穫用バケツを首からさげて、チェリーをとります。

収穫用バケツは、写真右側

カナダのチェリーピッキング

農園が貸してくれる脚立を使って、高い位置のチェリーも収穫します。

ちなみに、脚立に乗るのが怖い場合、この仕事は難しいかと思います。脚立なしで収穫できる高さのチェリーばかり獲っていると、オーナーからもピッカー仲間からもいい顔をされません。

オーナーは、木の高い位置にあるチェリーまで残らず収穫してほしいと思っています。

そして、低い位置にあるチェリーをとるのはとても簡単なので、その部分ばかり収穫しているとピッカー仲間からは「ずるい」と思われてしまいます。

チェリーピッキング自体は、決して難しくありません。チェリーの実は、小さくて軽いので、大した力もいりません。

スピード(効率)を意識し始めてからが本番です。

チェリーは実のつき方に規則性があるので、慣れると手の感触だけで収穫できるようになります。木に対する立ち方にもコツがあります。このあたりは、農園のオーナーか、ピッキング経験者に聞くと教えてくれます。

チェリーの実や枝を傷つけずに収穫することは、農園オーナーにとって、とても大切なことです。

給与は出来高制なので、ピッカー目線からするとスピード勝負な仕事ですが、オーナーからの視点は違います。

売り物になる果物には傷をつけてほしくないし、翌年以降のために木も大事にしてほしいと思っています。当然です。

アクシデント的に小枝が折れてしまうくらいなら、許容範囲ですが、収穫後の木の周りに、あまりにたくさんの枝や葉が落ちていると、オーナーは見逃せません。オーナーにとって不利益なことが続くと、クビになる可能性もあります。

「丁寧さ」と「効率」のちょうどいいバランスを見つけることが大切です。

勤務時間

  • 正午前後は暑くて仕事にならない
  • 太陽が高くなると、強く光が目に入って仕事がしづらい

といった理由から、夜明け前からヘッドライトをつけて仕事を始める人が多いです。

午前中だけで仕事を終えて、午後はのんびりする人もいれば、午後もピッキングやパッキングをして働き続ける人もいます。働く時間に関しては、自分の希望である程度調節できます。

パッキングは時給制(時給12ドルくらい)で、確実に給与を得られます。また、室内での作業になることが多いので、気温の上がる午後でも直射日光を避けて働けます。

給与

カナダチェリーピッキングの給与面
ファームジョブ|稼げる?稼げない?カナダのチェリーピッキング【給与面】カナダには、チェリーピッキングという農園での仕事があります。 仕事の概要は下の記事を参考にしてください。 https://w...

ビザ

チェリーピッキングの仕事をするなら、ワーホリビザなどの、働けるビザが必要です。

実際には、ワークビザなしで働いているピッカーも多く見かけますが、違法です。とはいえ、ビザのことで厳しく取り締まると、農園の人手が足りないという現状もあるようです。

ちなみに、わたしがピッキングの仕事を探しているときに、合法で働けるビザを持っているか確認されたのは1回だけでした。

仕事の見つけ方

カナダでチェリーピッキングの仕事を探す方法、いい農園に出会うコツや注意点
カナダ|チェリーピッキングの仕事を探す方法|いい農園に出会うコツわたしはカナダBC州のオソヨースという町で、まったくの未経験からチェリーピッキングの仕事を探しました。知り合いがひとりもいない状態でのス...

チェリーピッキングの仕事のメリット

「仕事」と「遊び」のバランスを調節しやすい

稼ぎたい額や、望む生活スタイルに応じて、働く時間数を調節しやすい仕事です。ピッキングを始める時間、終える時間もある程度本人に任せている農園が多く、時間の自由度は高めです。

ただし、それを叶えるための農園選びは重要です。

お金を貯められる

チェリーピッキングは時給制ではなく、出来高制です。ピッキングのスピードを上げれば、上限なく給与もあがります。また農園生活では、生活コストをかなり抑えられます。

普段できない経験&普段出会わない人たちとの出会いがある

たった1ヶ月とはいえ、人生で初めて農業に関わる仕事ができたのは、とてもいい経験になりました。

わたしは、チェリーピッキングの仕事を通して、それまで以上に食に興味を持つようになりました。また、スーパーで食材を選ぶとき、産地にもこだわるようになりました。

農園のオーナーや、ピッカー仲間など、この町に来なければ絶対に出会えなかった人たちとの出会いは宝物です。

スポンサーリンク

チェリーピッキングの仕事のデメリット

思うほど稼げない(特に未経験者)

上のメリットに書いたことと矛盾しますが、ポイントは「思うほど」の部分です。

インターネットでチェリーピッキングについて調べたり、経験者の話を聞いたりすると、1日に3万円以上稼げるイメージを持つかもしれませんが、それはごく一部の人です。

カナダチェリーピッキングの給与面
ファームジョブ|稼げる?稼げない?カナダのチェリーピッキング【給与面】カナダには、チェリーピッキングという農園での仕事があります。 仕事の概要は下の記事を参考にしてください。 https://w...

思うほど働けない

チェリーピッキングの仕事は、天候の影響を大きく受けます。

収穫時期は年によって多少ズレるので、張り切って現地入りしても、すぐに仕事が見つからないこともあります。

また、収穫時期を迎えたあとでも、雨やオーナーの都合で仕事が休みになることもあります。

事前に、「このくらいの日数働ける!」と見込んでいても、実際にはそれを下回ることが多いです。

体力を消耗する

チェリーピッキングは、屋外での仕事です。正午が近づいてくると、気温がどんどん上がり、とても暑いです。体力勝負です。

そして、日差しが強いので肌が焼けます。これに関しては、デメリットとは限りませんが、白肌をキープしたい人にはおすすめしません。

チェリーピッキングをする町での滞在の仕方

農園内でキャンプ(寝泊まり)できるかどうかは、オーナーの意向によります。

わたしは、農園の敷地内で車中泊をさせてもらっていました。同じ農園のピッカー仲間は、農園内にテントを張っていました。

オソヨースの町には、Baptist Churchという教会があります。農園内でキャンプしない(できない)場合、この教会の裏側のスペースで、寝泊まりするピッカーが多いです。

チェリーピッキングの仕事がある夏の間、教会のご厚意で、無料でシャワーが借りられたり、携帯電話の充電をさせてもらえたりしました。

また、毎週土曜日には、無料の夕食をいただくことができました。本当にありがたいことです。

Baptist Churchでいただいた無料の夕食 Baptist Churchでいただいた無料の夕食

この教会は、ピッカーが多く集まる場所です。仕事の情報を得られることもあります。そして、きっと友達もできます。

Wi-Fiは、マクドナルドやカフェに立ち寄ったときに利用する程度で、基本的にはインターネット環境のない生活でした。農園によっては、Wi-Fi付のところもあるそうです。

どんな人がチェリーピッキングの仕事をしているか

カナダ国内の他の都市から来ている人の中では、ケベック州の人(ケベクワ)が圧倒的に多いです。

カナダ国外からだと、フランス、メキシコ、アルゼンチンあたり。

アジア人は少ないです。中国人、台湾人、韓国人、ひとりも出会いませんでした。日本人も少なめで、わたしが出会ったのは10人以下です。

男女比は、7:3か8:2くらいでしょうか。男の人のほうが多いです。

年齢層は20代〜30代前半が多いですが、40代の人にも数人会いました。

スポンサーリンク

余暇の過ごし方

チェリーピッキングの仕事がない時は、ほぼ自然の中で過ごしていました。

夏のオソヨースは、日中の気温が35度を超えることも多く、川や湖に入ることが欠かせませんでした。ビーチサンダルや水着、浮き輪など、水遊びグッズをお忘れなく。オソヨースの町でも購入することができます。

カナダBC州自然豊かなOsoyoos(オソヨース)のおすすめスポット
カナダBC州|自然豊かなOsoyoos(オソヨース)のおすすめスポットOsoyoos(オソヨース)は、カナダBC州のOkanagan(オカナガン)という地域にある町です。 バンクーバーからは、車で4時...
自然豊かな田舎町で、人生初のファームジョブに挑戦した1ヶ月。

「午前中にチェリーピッキングの仕事をして、午後は自然の中で思い切り遊ぶ」という生活スタイルが、わたしにはとても合っていました。

仕事探しなど苦労したこともありますが、素敵な農園オーナーとの出会いや、ピッカー仲間と仕事に遊びに全力だった日々は一生残る思い出です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA