オランダ🇳🇱

アムステルダムのゴッホ美術館|チケット予約方法・館内見どころ作品

アムステルダムのゴッホ美術館|チケット予約方法・館内見どころ作品

Van Gogh Museum(ファン・ゴッホ美術館)は、国立美術館とならぶ、アムステルダム2大美術館のひとつです。

オランダ出身のゴッホ作品を多数集めた美術館です。館内で借りられるオーディオガイドの解説がとてもわかりやすく、それぞれの作品をより知ることができます。ゴッホの生活や人間関係、心理状態の変化と、それに伴って起こる作風の変化に注目すると、より理解が深まります。

この記事では、実際にファン・ゴッホ美術館を訪れた経験をもとに、チケット購入方法や館内での注意点など、観光に欠かせない情報をお伝えします。

ファン・ゴッホ美術館の見どころ作品

「ひまわり」

アムステルダムゴッホ美術館所蔵ひまわり

パッと鮮やかな黄色が印象的な「ひまわり」。
ファン・ゴッホ美術館内で一番の人だかりができる作品です。

作品の劣化を防止するため、以前に比べて、照明の影響を受けにくいように展示されています。「破損の怖れがある」との理由で、今後他の美術館には貸し出さないことが決まっています。

ゴッホの「ひまわり」は現時点で世界中に6点残っており(ゴッホは7点製作したが、うち1点は焼失してしまった)、日本だとSOMPO美術館が1点所有しています。

「馬鈴薯を食べる人々」

アムステルダムゴッホ美術館所蔵馬鈴薯を食べる人々

ゴッホが画家になって、比較的初期の作品です。先に紹介した「ひまわり」とは異なり、この頃は暗いトーンの作品が多かったようです。

ゴッホは、農民をモデルにした絵を何枚も残しています。

「アルルの寝室」

アムステルダムゴッホ美術館所蔵アルルの寝室

画家になって10年弱が経つ頃、ゴッホは南仏アルルに移り、画家仲間ゴーギャンとの共同生活を始めます。この絵はその時代のゴッホ自身の寝室を描いたものです。

「黄色い家」

アムステルダムゴッホ美術館所蔵黄色い家

南仏アルル時代に、ゴッホ自身が借りた家の外観を描いた絵です。画家初期の頃に比べると、好んで使用する色もだいぶ変わってきています。

「種まく人」

アムステルダムゴッホ美術館所蔵種まく人

タイトルどおり、種をまく人を描いています。

「ゴッホ自身も、モダンアートの種まきをした。画家本人を投影できる作品としても有名。」という主旨のオーディオガイドの解説が印象に残っています。

「カラスのいる麦畑」

アムステルダムゴッホ美術館所蔵カラスのいる麦畑

晩年に描かれた作品で、独特の筆使いをはじめ、ゴッホらしい表現が随所にみられます。この作品が完成してすぐ、ゴッホは自らの命を絶っています。

Image Source(画像引用元):見どころ作品|ファン・ゴッホ美術館公式サイト

ファン・ゴッホ美術館を最大限楽しむコツ

オーディオガイドを借りる

館内で、専用アプリが入ったオーディオガイドを借りることができます。各作品の説明だけでなく、ゴッホがどういう人で、どんな人生を歩んだかについても丁寧な解説があります。日本語にも対応しています。

2020年9月30日までの期間限定で、オーディオガイドのレンタル料金が割引になっています。通常5ユーロのところ、今なら3ユーロで借りられます。※追記:2022年3月時点でも割引継続中

ちなみに、【Van Gogh Museum】で検索すると、一般にダウンロードできるアプリも出てきますが、このアプリはオーディオガイドとしての役割を果たすには不十分だと感じます。

アムステルダム2大美術館のもうひとつ、アムステルダム国立美術館の場合は、アプリをオーディオガイド代わりにすることができましたが、ゴッホ美術館ではオーディオガイドを借りることを強くおすすめします。

スポンサーリンク

ファン・ゴッホ美術館の基本情報

名称

Van Gogh Museum(ファン・ゴッホ美術館)

場所


Google Mapsで見る

住所:Museumplein 6, 1071 DJ Amsterdam

アクセス

トラム(路面電車)

Amsterdam Centraal Station(アムステルダム中央駅)から向かう場合、乗り換え不要

所要時間:約15分

Amsterdam Centraal Station アムステルダム中央駅
トラム2番か5番
約13分
Rijksmuseum駅下車
徒歩
約3分
Rijksmuseum Amsterdam ファン・ゴッホ美術館

アムステルダムのトラム・メトロ・バス利用方法|切符購入・路線図・注意点
アムステルダムのトラム・メトロ・バス利用方法|切符購入・路線図・注意点アムステルダムには、トラム(路面電車)、メトロ(地下鉄)、バスなどの交通手段があります。 この記事には、トラム、メトロ、バスの切符...
アムステルダムゴッホ美術館外観

アムステルダム国立美術館からは徒歩5分ほどです。

アムステルダム国立美術館でレンブラント「夜警」鑑賞
アムステルダム国立美術館でレンブラント「夜警」鑑賞|チケット購入方法アムステルダムの人気観光スポットのひとつRijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)は、世界的名画であるレンブ...

館内のまわり方

本館0階に手荷物を預けられる場所と、オーディオガイドを借りられる場所があるので、必要な方はここからスタートします。

本館と別館がありますが、本館のほうが常設展示で、有名作品はこちらに集まっています。

館内では無料Wi-Fiも利用できます。

また、海外の美術館では、【作品の写真撮影可】のところも多いですが、ここファン・ゴッホ美術館では、フラッシュを使わなくとも、作品の写真撮影禁止です。

そのため、館内にあるレプリカ(パネル)の前が人気写真スポットになっています。

入館料

大人:19ユーロ
学生:10ユーロ
18歳未満:無料

オンラインチケット購入(日本語)|ファン・ゴッホ美術館公式サイト

  • 「事前のオンラインチケット購入必須」「入館の日時指定必須」のルールあり(2020年以降)
    ※施設に滞在できる時間に制限はない
  • 入館料無料の人(18歳未満、すでに入館券を持っている)も人数の申請必須
  • チケットの印刷は不要で、スマホかタブレットでチケット画面を見せれば問題ない。スマホの充電切れなどに備えて、印刷したものを持参してももちろん有効。
  • オンラインチケット購入ページは日本語対応。ただしファン・ゴッホ美術館のメンバーシップカードを所有している場合など、日本語対応のページからは予約不可。

オーディオガイド(日本語対応)レンタル
大人:3ユーロ(通常料金:5ユーロ)
18歳未満:無料(通常料金:3ユーロ)
※2020年9月30日まで割引価格適用※追記:2022年3月時点でも割引継続中と確認

開館時間

9:00〜17:00(18:00)
※金曜日は21:00まで開いている日も

日によって開館時間がかなり変則的なので、公式サイトのリンクを貼っておきます。

開館時間|ファン・ゴッホ美術館公式サイト

参考サイト

トップページ|ファン・ゴッホ美術館公式サイト

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在時間

  • 滞在時期:2019年6月中旬
  • 滞在時間:オーディオガイドで解説を聞きながらまわって、2時間半くらい
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA