オランダ🇳🇱

マウリッツハイス王立美術館でフェルメール「真珠の耳飾りの少女」鑑賞

マウリッツハイス王立美術館でフェルメール「真珠の耳飾りの少女」鑑賞

オランダ第3の都市Den Haag(デン・ハーグ)にあるMauritshuis Museum(マウリッツハイス王立美術館)

この美術館には、17世紀前後の国宝的絵画が並びます。世界中の人たちから愛されるフェルメールの代表作「真珠の耳飾りの少女」のほかにも、レンブラントやルーベンスの作品も展示されています。

この記事では、実際にマウリッツハイス王立美術館を訪れた経験をもとに、チケット購入方法や館内での注意点など、観光に欠かせない情報をお伝えします。

マウリッツハイス王立美術館の見どころ作品

「真珠の耳飾りの少女」フェルメール

マウリッツハイス王立美術館所蔵フェルメール真珠の耳飾りの少女

この作品は「北のモナリザ」「オランダのモナリザ」とも呼ばれ、フェルメール絵画の中でも特に人気の高い作品です。

フェルメールは、光と影を巧みに使った表現で、多くの人の心を惹きつけています。この作品も、少女がまるでそこにいるかのような、今にもなにかをしゃべり出しそうな臨場感があります。

また、印象的なターバンの青色には、ラピスラズリという石が使われています。「フェルメール・ブルー」と呼ばれるもので、他の作品にも見られます。

この「真珠の耳飾りの少女」は、以前日本に貸し出されたこともあります。

「デルフトの眺望」フェルメール

マウリッツハイス王立美術館所蔵フェルメールデルフトの眺望

(※作品の上部に写りこんでしまった小さな点は、館内の照明が反射したものです)

フェルメールは、このデルフトという街で生まれ、生涯を過ごしました。

世界中で35点ほどしか残っていないフェルメール作品のうち、風景画はたった2点しか見つかっておらず、大変貴重な作品です。

「テュルプ博士の解剖学講義」レンブラント

マウリッツハイス王立美術館所蔵レンブラントテュルプ博士の解剖学講義

レンブラントが初めて描いた集団肖像画です。7人の外科医がテュルプ博士の解剖学の講義を聞き入っている様子を描いています。

レンブラントは、この作品をきっかけに画家として高く評価されるようになりました。

レンブラントの一番有名な作品「夜警」はアムステルダム国立美術館で見ることができます。また、アムステルダム国立美術館は、フェルメール作品も4点所有しています。

アムステルダム国立美術館でレンブラント「夜警」鑑賞
アムステルダム国立美術館でレンブラント「夜警」鑑賞|チケット購入方法アムステルダムの人気観光スポットのひとつRijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)は、世界的名画であるレンブ...

マウリッツハイス王立美術館を最大限楽しむコツ

オーディオガイドを借りる

館内で、オーディオガイドを借りることができます(3.50ユーロ)。日本語にも対応しています。一部、英語とオランダ語でしか解説のない作品もあります。

2020年6月以降、オーディオガイドは利用不可(感染拡大防止のため)ですが、公式サイトにも作品の解説が掲載されています。一部、日本語対応です。

作品ガイド(日本語)|マウリッツハイス王立美術館公式サイト

【MENU】→【Artworks】→【Highlights】と進むと、主な作品や、その画家についての解説を見ることができます。日本語対応が100%ではないので、サイトの言語を日本語に設定したとしても、英語の音声しか再生されないページもあります。

外観や内装にも注目

作品の素晴らしさは言うまでもありませんが、マウリッツハイス王立美術館はその外観や内装の華やかさも見どころです。

マウリッツハイス王立美術館の華やかな内装

17世紀に建てられたこの美術館が、こんなにも豪華絢爛なのは、もともと貴族の邸宅だったからです。

スポンサーリンク

マウリッツハイス王立美術館の基本情報

名称

Mauritshuis Museum(マウリッツハイス王立美術館)

場所


Google Mapsで見る

住所:Plein 29, 2511 CS Den Haag

アクセス

ハーグ中央駅から:徒歩約15分


Google Mapsで見る

オランダの他の主要都市からは、電車1本でアクセスできます。アムステルダムやロッテルダムを拠点とし、日帰りでデン・ハーグに出かけることもできます。また、他の都市と組み合わせて、半日だけデン・ハーグで過ごすプランも可能です。

アムステルダムから:電車で約60分

アムステルダム人気観光スポットまとめ
アムステルダムおすすめ観光スポット|事前予約必須スポットに注意!オランダの首都であるAmsterdam(アムステルダム)は、美しい街並みと運河が特徴的な街です。 観光スポットがぎゅっと集...

ロッテルダムから:電車で約30分

ロッテルダム観光見どころ
ロッテルダムおすすめ観光スポット|風車・キューブハウス・マルクトハルオランダ第二の都市であるRotterdam(ロッテルダム)は、商業用のビルや、個性的な近代建築が立ち並ぶ一方、少し足をのばせばオランダの...

ユトレヒトから:電車で40分

ユトレヒト観光見どころ
ユトレヒトおすすめ観光スポット|地図あり!ミッフィー信号機の場所Utrecht(ユトレヒト)は、ミッフィーの生みの親Dick Bruna(ディック・ブルーナ)が生まれた街として有名です。 この記...

わたしの場合は、ロッテルダムを拠点とし、午前中デルフトに行き、午後デン・ハーグで過ごしました。

デルフト観光見どころ
デルフトおすすめ観光スポット|デルフト焼工房・市庁舎・教会・デルフトの心臓伝統的な陶器で有名なDelft(デルフト)には、今でもヨーロッパらしい古都の街並みが残っています。またオランダの有名画家フェルメールの故...

各都市とデン・ハーグ間の移動はオランダ鉄道(NS)が便利で、利用方法などは別記事に詳しくまとめてあります。

オランダ鉄道NS利用方法|切符購入・アプリの使い方・注意点
オランダ鉄道NS利用方法|切符購入・アプリの使い方・注意点オランダ国内には、オランダ鉄道(NS)の路線が発達しており、都市間を移動することは比較的簡単です。 この記事には、オランダ国内で都...

館内のまわり方

美術館の門を通ると、左側に地下に降りる階段があります。

マウリッツハイス王立美術館外観

地下1階に降りると、チケット売り場があります。またオーディオガイド貸出カウンターと、手荷物を預けられる場所も近くにあります。

一番混雑しやすい作品は、フェルメール「真珠の耳飾りの少女」です。東京でフェルメール展があったときの大混雑とは比べ物になりませんが、それでも他の作品と比べると混雑します。ツアーで訪れてもこの作品は必ず案内されるため、団体客と重なると一番前まで進むのに少し時間がかかります。

もし館内が比較的すいている時間(朝一番など)に到着できた場合は、まずフェルメール「真珠の耳飾りの少女」が展示してある2階の15番の部屋に行くと、落ち着いて鑑賞することができます。他の主要な作品も2階に集まっているので、必見作品を見逃さないためにも、2階からまわるのは良い方法だと思います。

マウリッツハイス王立美術館では、各部屋にテーマを設けて作品が展示されています。時間がない場合は、興味のある部屋だけ鑑賞することもできます。

マウリッツハイス王立美術館の華やかな内装

館内には無料Wi-Fiがあります。たとえオーディオガイドを借りなくても、公式サイトなどを参考にして作品への理解を深めることができます。

フラッシュを使わなければ、作品を含めた館内の写真撮影可です。

入館料

大人:15.50ユーロ 17.50ユーロ(2022年3月時点)
18歳以下:無料

オンラインチケット購入|マウリッツハイス王立美術館公式サイト

  • 2020年以降実施されていた「事前のオンラインチケット購入必須」「入館の日時指定必須」ルールは廃止(2022年3月時点)
  • チケットの印刷は不要で、スマホかタブレットでチケット画面を見せれば問題ない。スマホの充電切れなどに備えて、印刷したものを持参してももちろん有効。

開館時間

月 13:00〜18:00
火〜日 10:00〜18:00

※以前は、木曜日のみ20:00まで開館していました。2020年6月以降は18:00までの営業時間に変更されました。

なお、祝日は営業時間変更の可能性があります。

営業時間|マウリッツハイス王立美術館公式サイト

参考サイト

トップページ|マウリッツハイス王立美術館公式サイト

マウリッツハイス王立美術館Twitter

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在時間

  • 滞在時期:2019年6月中旬
  • 滞在時間:オーディオガイドで解説を聞きながらまわって、2時間半くらい
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA