オランダ🇳🇱

デルフト観光おすすめスポット|デルフト焼工房・市庁舎・教会・デルフトの心臓

デルフト観光見どころ

伝統的な陶器で有名なDelft(デルフト)には、今でもヨーロッパらしい古都の街並みが残っています。またオランダの有名画家フェルメールの故郷でもあります。

この記事では、筆者が半日かけて観光したデルフトのおすすめスポットを紹介します。

17世紀から残る陶器の工房でデルフト焼について学び、運河沿いのカフェで美味しいサンドイッチを食べ、新教会のてっぺんから街を一望する、そんなプランです。

デルフトの観光スポット


Google Mapsで見る
※この記事で紹介する見どころに番号をつけています(紹介順)

見どころ
1. Royal Delft(ロイヤルデルフト)
2. Stadhuis(市庁舎)
3. Nieuwe Kerk(新教会)
4. Oude Kerk(旧教会)
5. Blue Heart of Delft(デルフトの心臓)

Royal Delft(ロイヤルデルフト)

ロイヤルデルフトは、今でも17世紀の伝統的な方法でデルフト焼を生産している唯一の窯元です。最盛期には、デルフトだけでも30以上の陶器工房がありましたが、他国からの輸入品との競合や、作業の機械化などを理由に、その数はどんどん減っていきました。

ここでは、デルフト焼の歴史を学んだり、デルフト焼のコレクションを見ることができます。

ロイヤルデルフトのデルフト焼

また、職人がひとつひとつ手作業で絵付けをする様子を見学することもできます。

ロイヤルデルフトの職人がひとつひとつ手作業で絵付けをする様子 ロイヤルデルフトの工房

レンブラント「夜警」をデルフト焼のタイルで再現した作品は必見です。

ロイヤルデルフトがデルフト焼で再現したレンブラント夜警

オーディオガイドは日本語対応です。

ロイヤルデルフトのオーディオガイドは日本語対応 ロイヤルデルフトのオーディオガイドは日本語対応

また、館内にはショップもあるので、最後におみやげを購入することもできます。

ロイヤルデルフトの館内にあるギフトショップではおみやげを購入できる

2020年以降(コロナウイルス感染拡大後)

  • 適度な距離を確保するために、館内の人数制限あり
  • 事前のオンラインチケット購入必須、入館の日時指定必須
  • チケット購入後の日時変更不可

【場所】

Google Mapsで見る
住所:Rotterdamseweg 196, 2628 AR Delft

【入館料】
大人:14ユーロ(オンライン購入だと13ユーロ)
13-18歳:8.75ユーロ(オンライン購入だと7.75ユーロ)
12歳以下:無料
※オンラインチケット購入の方法は下で詳しく解説

【営業時間】
月・火 11:30〜17:00
水〜日 10:00〜17:00
※12月24〜31日は16:00まで

休業日:1月1日、12月25日、12月26日

【滞在時間】
オーディオガイドで解説を聞きながらまわったとして、2〜3時間くらい

トップページ|ロイヤルデルフト公式サイト

入館チケット事前購入方法

オンラインチケット購入|ロイヤルデルフト公式サイト

ワークショップに参加する場合も公式サイトで予約可

【例】2020年7月1日12:00 大人1名で予約する場合

ロイヤルデルフトの入館チケット事前購入方法
ロイヤルデルフトの入館チケット事前購入方法
ロイヤルデルフトの入館チケット事前購入方法
ロイヤルデルフトの入館チケット事前購入方法
ロイヤルデルフトの入館チケット事前購入方法

  1. 入館チケット、必要な枚数を選択
    ※各チケットの右側にある下矢印ボタンで選択
    入館料無料の人も人数の申請必須
  2. 日付を選択
  3. 入館時間を選択
  4. 個人情報の入力
    a. 名 b. 敬称(Mr.やMrs.など) c. 姓
    d. emailアドレス e. emailアドレス(再)
    ※【b. 敬称】のみ任意
  5. 支払い方法を選択
  6. チェックボックスにチェックを入れる
    □Apple WalletかGoogle Walletでもチケットを受け取りたい場合(チェック任意)
    □規約への同意(チェック必須
  7. クレジットカード情報を入力
    【pay】をクリックして完了

Source(参考):オンラインチケット購入|ロイヤルデルフト公式サイト
Edit(編集):added pink and blue letters(ピンクと青の文字を、説明のため画像に書き足しています)
※スクーンショット画像は2020年6月時点のものです

チケットの印刷は不要で、スマホかタブレットでチケット画面を見せれば問題ない。スマホの充電切れなどに備えて、印刷したものを持参してももちろん有効。

Stadhuis(市庁舎)

デルフトの中心地であるマルクト広場に面して建っている現役の市庁舎です。

デルフト市庁舎

かつては牢獄で、当時の拷問道具も残っています。予約必須のツアーで、中を見学することもできます。

【場所】

Google Mapsで見る
住所:Markt 87, 2611 GS Delft

Nieuwe Kerk(新教会)

マルクト広場をはさんで、市庁舎と向かい合うように建っている教会です。

デルフト新教会

高さは約100メートルで、これはオランダ国内の塔の中で2番目の高さです。ちなみに1番高いのは、ユトレヒトにあるドム塔です。

376段の階段をのぼるとデルフトの街が一望できます。

デルフト新教会のらせん階段

天気のいい日は、ハーグやロッテルダムの街並みまで見渡せます。

デルフト新教会からの眺望 デルフト新教会からの眺望 デルフト新教会からの眺望

ただし悪天候により、塔が閉鎖されのぼれないこともあります。

【場所】

Google Mapsで見る
住所:Markt 80, 2611 GW Delft

【入場料】
大人:4.50ユーロ(塔にのぼるだけの金額)
ちなみに、塔にのぼらず、新教会の中を見学する場合は、5.50ユーロ(この入場券で旧教会の中も見学できる)

2020年6月1日以降、インターネットでのチケット事前購入&入場時間の指定必須
新教会(+旧教会)の中を見学する入場券と、新教会の塔にのぼるチケットはそれぞれ別で購入する必要あり(※リンク先異なる)

【営業時間】

月〜金曜日 土曜日
1月 11:00〜16:00 10:00〜17:00
2月〜3月 10:00〜17:00 10:00〜17:00
4月〜10月 9:00〜8:00 9:00〜18:00
11月〜12月 11:00〜16:00 10:00〜17:00

休業日:日曜日

Oude Kerk(旧教会)

写真の中の教会が傾いて見えるでしょうか。気のせいではなく、地盤沈下の影響で本当に傾いています。

デルフト旧教会

ステンドグラスが美しい旧教会には、フェルメールの墓碑があります。

フェルメールはデルフトで生まれ、デルフトで亡くなりました。その生涯のほとんどをデルフトで過ごしたと言われています。現存するフェルメール作品のうち、わずか2点しかない風景画のひとつは、ここデルフトを描いたものです。

フェルメールデルフトの眺望

下のふたつの美術館は、どちらもオランダ国内にあり、貴重なフェルメール作品をそれぞれ複数所有しています。上の写真「デルフトの眺望」は、ハーグにあるマウリッツハイス王立美術館で展示されています。

マウリッツハイス王立美術館の見どころ
マウリッツハイス王立美術館|フェルメール「真珠の耳飾りの少女」鑑賞アムステルダムから電車で1時間、ロッテルダムからはわずか30分でアクセスできるオランダ第3の都市Den Haag(デン・ハーグ)にあるM...
アムステルダム国立美術館の見どころ
アムステルダム国立美術館|チケット予約方法・館内見どころ作品アムステルダムの人気観光スポットのひとつRijksmuseum Amsterdam(アムステルダム国立美術館)は、世界的名画であるレンブ...

【場所】

Google Mapsで見る
住所:HH Geestkerkhof 25, 2611 HP Delft

【入場料】
大人:5.50ユーロ
※この入場券で新教会の中も見学できる
新教会の塔にのぼるには別のチケットが必要

【営業時間】
月〜土 10:00〜17:00

休業日:日曜日

Blue Heart of Delft(デルフトの心臓)

新教会のすぐ近く(マルクト広場から新教会を見て、右手側)にある青いハート型のオブジェです。

デルフトの心臓

デルフトの中心であることを表しているそうです。

【場所】

Google Mapsで見る

【大人気】デルフトのグルメスポット

STADS KOFFYHUIS(スタッズコーヒーハウス)

デルフトの大人気グルメスポットSTADSKOFFYHUISスタッズコーヒーハウス

オランダにおいて、パンの美味しさで何度も受賞しており、店内にはたくさんのトロフィーが飾られています。

デルフトの大人気グルメスポットSTADSKOFFYHUISスタッズコーヒーハウス

メニューを開くと、どれもこれもおいしそうで迷いますが、受賞歴のあるものには印がついているので、注文の参考になります。

パンが有名なお店ということで、サンドイッチを食べてみようと思い、受賞マークのついたメニューの中から下のふたつを注文しました。

照り焼き肉のサンドイッチ
デルフトの大人気グルメスポットSTADSKOFFYHUISスタッズコーヒーハウス照り焼き肉のサンドイッチ

サーモンパテのサンドイッチ
デルフトの大人気グルメスポットSTADSKOFFYHUISスタッズコーヒーハウスサーモンパテのサンドイッチ

どちらのサンドイッチも、受賞も納得の美味しさでした。中の野菜や肉の味つけが濃すぎないところも、日本人好みだと思います。

店内で食事をすることも可能ですが、天気がよければテラス席がおすすめです。下の写真中央に見える場所(運河の上)で食事をすることができます。

デルフトの街並み

ちなみに、店内のトイレはデルフト焼で装飾されていました。

【場所】

Google Mapsで見る
住所:Oude Delft 133, 2611 BE Delft

【営業時間】
月〜金 9:00〜19:00
土 9:00〜18:00
日 11:00〜18:00
※営業時間は季節によって変更の可能性あり

トップページ|スタッズコーヒーハウス公式サイト(オランダ語)

スポンサーリンク

デルフトの基本情報

場所


Google Mapsで見る

アクセス

オランダの他の主要都市からは、電車1本でアクセスできます。アムステルダムやロッテルダムを拠点とし、日帰りでデルフトに出かけることもできます。また、他の都市と組み合わせて、半日だけデルフトで過ごすプランも可能です。

アムステルダムから:電車で約60分

アムステルダム人気観光スポットまとめ
アムステルダム人気観光9選|事前予約必須スポットに注意!オランダの首都であるAmsterdam(アムステルダム)は、美しい街並みと運河が特徴的な街です。 観光スポットがぎゅっと集...

ロッテルダムから:電車で約20分

ロッテルダム観光見どころ
ロッテルダム半日観光|風車・キューブハウス・マルクトハルオランダ第二の都市であるRotterdam(ロッテルダム)は、商業用のビルや、個性的な近代建築が立ち並ぶ一方、少し足をのばせばオランダの...

わたしの場合は、ロッテルダムを拠点とし、午前中をデルフトで過ごし、午後からはデン・ハーグに移動しました。ハーグには、フェルメール「真珠の耳飾りの少女」を展示しているマウリッツハイス王立美術館があります。デルフトからは、電車でわずか20分程度です。

各都市とデルフト間の移動はオランダ鉄道(NS)が便利で、利用方法などは別記事に詳しくまとめてあります。

オランダ鉄道NSの切符購入方法
オランダ鉄道(NS)|切符購入(公式サイト・アプリ)徹底解説オランダ国内には、オランダ鉄道(NS)の路線が発達しており、都市間を移動することは比較的簡単です。 ここでは、オランダ国内で都市間...

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在時間

  • 滞在時期:2019年6月中旬
  • 滞在時間:半日
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA