オランダ🇳🇱

ロッテルダム半日観光|風車・キューブハウス・マルクトハル

ロッテルダム観光見どころ

オランダ第二の都市であるRotterdam(ロッテルダム)は、商業用のビルや、個性的な近代建築が立ち並ぶ一方、少し足をのばせばオランダの原風景ともいえる風車群も残っており、見どころ満載の街です。

ロッテルダムの観光スポット


Google Mapsで見る
※この記事で紹介する見どころに番号をつけています(紹介順)

見どころ
1. Kinderdijk(キンデルダイク)
2. De Kijk Kubus(キューブハウス)
3. Markethal(マルクトハル)

Kinderdijk(キンデルダイク)

今でもオランダ各地で風車を目にすることはできますが、19基もの風車が1ヶ所に集まる光景は世界的にも珍しく、ユネスコ世界文化遺産に登録されています。

キンデルダイクの風車群

オランダらしいのどかな風景が広がる世界を、ゆっくり散策したり、ボートに乗ってまわることができます。

外観を眺めるだけでなく、中に入って見学できる風車もあります。風車の中にある大きな歯車や、風車で暮らす人々の生活を垣間見ることができます。

【場所】

Google Mapsで見る
住所:Molenkade Nederwaard 1, 2961 AS Kinderdijk

【アクセス】
ロッテルダム中央駅から、トラム(路面電車)と水上バスを組み合わせて約1時間

【入場料】
大人:18.50ユーロ(割引対象日だと12ユーロ)
4〜12歳:6.75ユーロ(割引対象日だと4.31ユーロ)
4歳未満:無料

【営業時間】
2020年以降、営業時間が変則的なので、公式サイトのリンクを貼っておきます。

営業時間|キンデルダイク公式サイト

トップページ|キンデルダイク公式サイト

オランダキンデルダイクの風車群へのアクセス・入場料・写真スポット
キンデルダイクの風車|アクセス・チケット購入方法・園内のまわり方「オランダ」といえば、風車を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 かつては10,000基近くの風車があったオランダでも、電気...

De Kijk Kubus(キューブハウス)

ガイドブックやSNSで一度見たら忘れない斬新なデザインと、ポップな黄色が印象的です。中に入って見学することもできます。

ロッテルダムキューブハウス外観

【場所】

Google Mapsで見る
住所:Overblaak 70, 3011 MH Rotterdam

【アクセス】
ロッテルダム中央駅から、トラム(路面電車)かメトロ(地下鉄)で約15分、徒歩で30分

【入場料】
キューブハウスのまわりを散策したり写真撮影したりするのは無料
キューブハウスの中に入るには3ユーロ

【営業時間】
10:00〜18:00

ロッテルダムキューブハウス
ロッテルダム観光|キューブハウスの中に入ってみた|アクセス・入場料・所要時間インパクトのある現代建築が多いロッテルダムの中でも、ひときわ目を引くDe Kijk Kubus(キューブハウス)。 傾いた38個の...

Markethal(マルクトハル)

ロッテルダムで食事処に迷ったら、ここは本当におすすめです。簡単につまめるものから、レストラン料理まで、幅広い選択肢があります。その場で食べるものだけでなく、おみやげになるものも売っています。

ロッテルダムマルクトハルの店

また、建物のデザインがとてもユニークで一見の価値ありです。特に夜がきれいと言われています。

ロッテルダムマルクトハル外観

【場所】

Google Mapsで見る
住所:Verlengde Nieuwstraat, 3011 GM Rotterdam

【アクセス】
ロッテルダム中央駅から、トラム(路面電車)かメトロ(地下鉄)で約15分、徒歩で30分

【入場料】
無料

【営業時間】
月・火・水・木・土 10:00〜20:00
金 10:00〜21:00
日 12:00〜18:00

休業日:1月1日、12月25日

トップページ|マルクトハル公式サイト

ロッテルダムの注目マーケットマルクトハル
ロッテルダム観光|注目のマーケット「マルクトハル」が楽しすぎるロッテルダムには、オランダ国内最大の屋内マーケットMarkethal(マルクトハル)がありますが、これが単なる市場としてだけでなく、建築...

ロッテルダムを訪れる前に知っておきたい

Kinderdijk(キンデルダイク)には時間の余裕をもって

キンデルダイクからロッテルダム中心部に帰ってくる水上バス(直行便)の最終は16:00頃と早めです。キンデルダイクで観光にかかる時間は、(散策するだけか、風車内部まで見学するかによってだいぶ異なりますが)2〜4時間だと想定します。

16:00発の水上バス(直行便)に乗るために逆算すると、昼過ぎにはキンデルダイクに入場しておく必要があります。万が一、水上バス(直行便)を逃したとしても、乗り換えの必要な水上バスや、(陸地用)バスで帰る方法もあるので心配はいりませんが、水上バス(直行便)を利用する方法だと移動時間が短くて済みます。

水上バスを利用する場合、事前の時刻表チェックは必須です。キンデルダイクへの水上バス(直行便)は2時間おきの運行で、ここが律速段階になりやすいです。

また現在、キンデルダイク内のボートは、観光客同士の距離をじゅうぶん保つため人数制限を行なっています。そのため、ここで想定外の待ち時間が発生する可能性もあります。キンデルダイクへは、時間の余裕をもって出かけることをおすすめします。

スポンサーリンク

ロッテルダムの基本情報

場所


Google Mapsで見る

アクセス

アムステルダムから:電車で約45分

アムステルダム人気観光スポットまとめ
アムステルダム人気観光9選|事前予約必須スポットに注意!オランダの首都であるAmsterdam(アムステルダム)は、美しい街並みと運河が特徴的な街です。 観光スポットがぎゅっと集...

デン・ハーグから:電車で約30分

マウリッツハイス王立美術館の見どころ
マウリッツハイス王立美術館|フェルメール「真珠の耳飾りの少女」鑑賞アムステルダムから電車で1時間、ロッテルダムからはわずか30分でアクセスできるオランダ第3の都市Den Haag(デン・ハーグ)にあるM...

デルフトから:電車で約20分

デルフト観光見どころ
デルフト観光おすすめスポット|デルフト焼工房・市庁舎・教会・デルフトの心臓伝統的な陶器で有名なDelft(デルフト)には、今でもヨーロッパらしい古都の街並みが残っています。またオランダの有名画家フェルメールの故...

オランダの他の主要都市からは、電車1本でアクセスできます。

特にデン・ハーグデルフトなどは、電車の運行間隔(待ち時間)を考慮しても、片道1時間もかからず移動できるので、ロッテルダムを拠点とし、日帰りで出かけることができます。

わたしの場合は、2泊3日のロッテルダム滞在期間のうち、丸一日時間のある日を利用して、午前中デルフトに行き、午後をデン・ハーグで過ごしました。

各都市とロッテルダム間の移動はオランダ鉄道(NS)が便利で、利用方法などは別記事に詳しくまとめてあります。

オランダ鉄道NSの切符購入方法
オランダ鉄道(NS)|切符購入(公式サイト・アプリ)徹底解説オランダ国内には、オランダ鉄道(NS)の路線が発達しており、都市間を移動することは比較的簡単です。 ここでは、オランダ国内で都市間...

他の都市に日帰り旅する予定がある場合は、ロッテルダム中央駅近くのホテルに滞在すると便利です。

ロッテルダムホテルビアンヴェニュ宿泊レビュー
ロッテルダム|Hotel Bienvenue ホテルビアンヴェニュ|宿泊の感想ロッテルダム(オランダ)にある Hotel Bienvenue ホテルビアンヴェニュに宿泊した感想をまとめています。 こんな人に...

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在期間

  • 滞在時期:2019年6月中旬
  • 滞在期間:2泊3日(滞在2日目はデルフト&デン・ハーグへ日帰り旅)
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA