MENU
アメリカ合衆国🇺🇸

サワロ国立公園のおすすめ観光スポットと人気トレッキング

サワロ国立公園の観光見どころスポット

アリゾナ州にあるSaguaro National Park(サワロ国立公園/サグアロ国立公園)では、その名のとおりたくさんのSaguaro(サボテン)を見ることができます。

高さ10メートル超の巨大サボテンが群生する様子は、サワロ国立公園ならではの光景です。

高さ10メートル超の巨大サボテンが群生するサワロ国立公園

サワロ国立公園は、以下のふたつのエリアに分かれています。

  • 西側:Tucson Mountain District
  • 東側:Rincon Mountain District


Google Mapsで見る

車を1時間弱走らせれば、もう一方のエリアに行くことができるので、1日で両エリアをまわる人もいます。

わたしの場合は半日しか滞在時間がとれず、どちらか片方のエリアに絞りたいと思いました。ビジターセンターで「西エリアのほうが、トレッキングが簡単」と言われたのが決め手となって、Tucson Mountain District(西エリア)のみ観光しました。

サワロ国立公園の観光スポット

Red Hills Visitor Center(サワロ国立公園西エリアのビジターセンター)

Red Hills Visitor Center(レッドヒルズ・ビジターセンター)は、サワロ国立公園の西エリアを観光するなら、最初に訪れたい場所です。

サワロ国立公園西エリアにあるRed Hills Visitor Center(レッドヒルズ・ビジターセンター)

1. 入園料を支払う

サワロ国立公園の西エリアには、料金所(入園ゲート)がありません。そのため、入園料はビジターセンターで支払います。アメリカ国立公園年間パスなどをすでに持っている場合は、ビジターセンターでの支払いは不要です。

ちなみに、東エリアには料金所(入園ゲート)があるので、入園料支払いのためだけにビジターセンターに立ち寄る必要はありません。

2. 観光前に園内の情報を集める

ビジターセンターでは、サワロ国立公園に関するさまざまな情報を得ることができます。

  • サワロ国立公園の気候や地形
  • 生息する生物
  • サボテンの成長過程
  • トレッキング情報

この中でも特に、サボテンの成長過程に関する部分は、園内を観光する前に学ぶことをおすすめします。

サボテンの大きさや、枝分かれの具合から、樹齢を予測することができるようになります。

巨大サボテンは、何十年、何百年という長い年月をかけて、非常にゆっくり成長します。

最初はただひたすら縦方向に伸びていくだけですが、樹齢75年を過ぎた頃から枝分かれが始まります。

樹齢75年くらいのsaguaroになると枝分かれが見られる

枝分かれ後も徐々に大きくなり続けます。園内では、樹齢が100〜200年に達するサボテンもたくさん見られます。(下の写真の右側の巨大サボテンは樹齢150年超)

樹齢100年超のsaguaroは巨大で枝分かれも多い

また、園内でトレッキングをする場合は、ビジターセンターで詳しい情報を得ることができます。各トレイルの所要時間や難易度、現在のトレイルの状況などを確認できます。

このビジターセンターでは、水をくむことができます(無料)。お手洗いもあります。

ビジターセンターの駐車場で、タランチュラを見ました!
サワロ国立公園に生息するタランチュラに遭遇

Bahada Scenic Loop(ドライブ道)

Bahada Scenic Loopは、Red Hills Visitor Center(レッドヒルズ・ビジターセンター)から、西に2.5キロメートルほどの位置にあるドライブ道です。

Bahada Scenic Loopは未舗装ですが、よく整備されていて運転しやすい道です。運転中に砂は舞いますが、パンクが心配になるような道ではありません。

Bahada Scenic Loopは、その名の通りループ状になっており、1周は約8キロメートルです。

Bahada Scenic Loopでは、ほとんどの部分で対面通行が可能ですが、部分的に一方通行のエリアがあります。そのため、反時計回りでまわるのがおすすめです。時計回りでドライブを始めると、途中で引き返す必要があります。

サワロ国立公園では花の咲いたサボテンも見られる

Bahada Scenic Loop沿いからは、いくつかのトレイルにアクセスできます。

各トレイルの入口付近に、無料で車を停めることができます。

駐車スペースの少ない場所もあります。車の台数が増えてきたら、通行の妨げにならないように注意しながら、路肩に駐車します。

トレッキングをしない場合でも、Bahada Scenic Loopを車で走れば、サワロ国立公園の特徴的な風景を楽しむことができます。道幅が広いエリアでは、車から降りてサボテンの写真を撮ることもできます。

Bahada Scenic Loopは、夜間の立ち入りはできません。

Valley View Overlook Trail(バリービュー・オーバールック・トレイル)

ビジターセンター周辺のかなり整備されたエリアよりも、より自然に近い状態のサボテンや地形を楽しむなら、(上で紹介した)Bahada Scenic Loopを運転し、その途中にあるトレイルに立ち寄るのがおすすめです。

トレッキング中、巨大サボテンに近づいてみると、その大きさを実感できます。サボテンの真横に並んで写真を撮ることもできます。

サボテンの枝分かれした部分が腕のように見えるため、真横に並んで同じ”ポーズ”で写真を撮るのが定番です。
サワロ国立公園の巨大サボテン

写真に夢中になっているうちに、足元のサボテンのトゲが刺さることもあるので気をつけてください。トゲがうまく抜けないときは、ビジターセンターに戻り、アドバイスをもらうのが無難です。自己判断で処置を終わらせると、トゲが体内に残ることもあり危険です。

サワロ国立公園のトレイルには、たくさんのサボテンが生えているので足元には気をつける

このトレイルのゴールは展望台です。開放感のある景色の中に、無数のサボテンが生えています。

サワロ国立公園Valley View Overlook Trail(バリービュー・オーバールック・トレイル)の展望台からの風景

Valley View Overlook Trail
スタート地点:Valley View Overlook Trailhead
ゴール地点:Valley Viewpoint
距離:約1.3km(往復)
高低差:約15m
総所要時間:45分
難易度:中
駐車場:あり(無料)

Signal Hill(シグナル・ヒル)

Signal Hill(シグナル・ヒル)Bahada Scenic Loop沿いにあるトレイルです。

Hillという名の通り、丘を登るようなコースです。

このトレイルでは、岩に刻まれたPetroglyphs(ペトログリフ)と呼ばれるデザインをいくつも見ることができます。

サワロ国立公園のSignal Hillで見られるPetroglyphs(ペトログリフ)

ペトログリフは、先住民が残したと考えられています。

サワロ国立公園のSignal Hillで見られるPetroglyphs(ペトログリフ)

トレイルの距離は長くありませんが、足元が不安定な場所もあるので、注意が必要です。

Signal Hill
スタート&ゴール地点:Signal Hill Trailhead
距離:約0.5km(往復)
高低差:約8m
総所要時間:20分
難易度:低
駐車場:あり(無料)

サワロ国立公園の基本情報

名称

Saguaro National Park(サワロ国立公園/サグアロ国立公園)

場所


Google Mapsで見る

アメリカ合衆国
アリゾナ州

アクセス

Tucson(ツーソン)から:車で約20分

ツーソンは、サワロ国立公園最寄りの街です。


Google Mapsで見る

Las Vegas(ラスべガス)から:車で約6時間半


Google Mapsで見る

San Diego(サンディエゴ)から:車で約7時間


Google Mapsで見る

White Sands National Park(ホワイトサンズ国立公園)から:車で約5時間半


Google Mapsで見る

ホワイトサンズ国立公園のトレイル詳細・所要時間・難易度
ホワイトサンズ国立公園の観光|トレイル詳細・所要時間・難易度世界的にも珍しい真っ白な石膏砂丘が見られるWhite Sands National Park(ホワイトサンズ国立公園)。 よく晴れ...

園内のまわり方

自家用車かレンタカーでまわる人が圧倒的に多いです。

園内にレストランやホテルはありません

車で20分ほど離れたTucson(ツーソン)は、アリゾナ州の中では比較的大きな街です。レストランや宿泊施設もあるので、ここを観光の拠点とする人もいます。

入園料

  • 車(ツアーなど商用のものを除く、7日間有効):25ドル/1台
  • オートバイ(7日間有効):20ドル
  • 個人(徒歩や自転車での入園、7日間有効):15ドル
  • アメリカ国立公園年間パス:80ドル/1台
アメリカ国立公園年間パスの購入方法・使用上のルール・注意点
アメリカ国立公園をお得にめぐる方法|年間パスの購入方法・注意点レンタカーで、アメリカ縦断やグランドサークル周遊を計画中ですか? (※グランドサークル:アリゾナ州とユタ州に広がる国立公園や国定公園が...

開園時間

ビジターセンターの営業時間

9:00〜17:00
定休日:クリスマス

ゲート

徒歩や自転車での入園なら、基本的に24時間通行可

車でアクセスする場合:

  • 西エリア:日の出から日没まで(西エリアにはゲートがないので、物理的には夜中でも通行可能だが、公式サイトを確認すると【日の出から日没まで】とのこと)
  • 東エリア:夏季は5:00〜20:00, 冬季は5:00〜18:00

気候とベストシーズン

ベストシーズンは11〜3月です。

アリゾナ州の夏は、最高気温が40度を超えます。トレッキングに適した気候とはいえません。もし夏に観光するのであれば、早朝か夕方がおすすめです。

1年を通して、十分な水の用意は必須です。軽食、帽子、サングラス、日焼け止めもあるとよいでしょう。

わたしは10月上旬に訪れましたが、それでもかなり暑く、長時間歩くのは大変でした。

滞在時間

わずか数時間の滞在でも、またビジターセンターの周辺だけを見てまわるとしても、サワロ国立公園らしい景色を楽しむことはできます。

半日ほどの時間があれば、複数の簡単なトレイルを歩くことができます。ビジターセンターで、サボテンについて勉強する時間もあります。

東西両エリアをじっくり楽しみたい場合や、長距離トレイルに挑戦する場合は別ですが、比較的短い滞在時間で楽しめる国立公園です。

参考サイト

サワロ国立公園|アメリカ国立公園公式サイト

スポンサーリンク

【参考】筆者が現地を訪れた時期と滞在期間

  • 滞在時期:2018年10月上旬
  • 滞在期間:1日
  • 当記事の情報は、基本的に滞在時点のものです。後日変更に気がついた場合は、都度修正していますが、最新情報は公式サイトなどをご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA